第106回 歯科医師国家試験:C問題

第106回 歯科医師国家試験:C問題

C問題

C1〜C20

106C1
急性白血病による歯肉出血の原因はどれか。1つ選べ。
a 線溶の亢進
b 白血球の増加
c 血小板の減少
d 血管壁の脆弱化
e 凝固因子の産生障害

解答:表示

 

106C2
検査・記録法と評価項目との組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a パントグラフ法———————————咬合力
b パラトグラム検査——————————構音時の舌接触状態
c チェックバイト法——————————咀嚼リズム
d 機能的ワックスバイト法———————安静空隙量
e 側面頭部エックス線規格写真検査———下顎の限界運動

解答:表示

 

106C3
血圧上昇に関与するのはどれか。1つ選べ。
a カルシトニン受容体
b ヒスタミン〈H1〉受容体
c ムスカリン〈M3〉受容体
d ブラジキニン〈B2〉受容体
e アンジオテンシンⅡ〈AT1〉受容体

解答:表示

 

106C4
歯周外科治療で、術中に歯槽骨が露出するのはどれか。1つ選べ。
a 新付着術
b 歯肉切除術
c フラップ手術
d 遊離歯肉移植術
e 歯周ポケット掻爬術

解答:表示

 

106C5
乳幼児の定型発達において、つかまり立ちができるようになる時期はどれか。1つ選べ。
a  3か月ころ
b  6か月ころ
c  9か月ころ
d 12か月ころ
e 15か月ころ

解答:表示

 

106C6
内分泌撹乱化学物質はどれか。1つ選べ。
a MMA
b UDMA
c bis-GMA
d TEGDMA
e bisphenol-A

解答:表示

 

106C7
ある先天異常の特徴を示す。
・巨 舌
・低身長
・精神遅滞
・反対咬合
該当するのはどれか。1つ選べ。
a Down症候群
b Apert症候群
c Turner症候群
d Goldenhar症候群
e Treacher Collins症候群

解答:表示

 

106C8
体表から触知できるのはどれか。1つ選べ。
a 顎動脈
b 舌動脈
c 顔面動脈
d 下歯槽動脈
e 上行咽頭動脈

解答:表示

 

106C9
小児期から重度歯周炎を発症するのはどれか。1つ選べ。
a 鰓弓症候群
b Crouzon症候群
c 鎖骨頭蓋骨異形成症
d 周期性好中球減少症
e Treacher Collins症候群

解答:表示

 

106C10
医療事故の発生要因となるのはどれか。1つ選べ。
a フェールセーフ
b フールプルーフ
c ヒューマンエラー
d セカンドオピニオン
e リスクマネージメント

解答:表示

 

106C11
ガマ腫が生じるのはどれか。1つ選べ。
a 口唇腺
b 舌下腺
c 前舌腺
d 後舌腺
e Ebner腺

解答:表示

 

106C12
健常乳児において最も長く残存するのはどれか。1つ選べ。
a 起立反射
b 吸啜反射
c Moro反射
d 手掌把握反射
e 足底把握反射

解答:表示

 

106C13
オールセラミッククラウンの合着に用いるのはどれか。1つ選べ。
a リン酸亜鉛セメント
b 接着性レジンセメント
c ポリカルボキシレートセメント
d 酸化亜鉛ユージノールセメント
e 従来型グラスアイオノマーセメント

解答:表示

 

106C14
口腔内写真(別冊No.1)を別に示す。

診断で正しい組合せはどれか。1つ選べ。
第一大臼歯の咬合関係    オーバーバイト
a AngleⅠ級—————————大きい
b AngleⅡ級—————————小さい
c AngleⅡ級—————————大きい
d AngleⅢ級—————————小さい
e AngleⅢ級—————————大きい

解答:表示

 

106C15
歯科診療所の入口にスロープを設け、車椅子での受診をしやすくした。
この対応が基づいている理念はどれか。1つ選べ。
a プライマリヘルスケア
b ヘルスプロモーション
c ノーマライゼーション
d ハイリスクストラテジー
e リスクコミュニケーション

解答:表示

 

106C16
弾性ひずみが最も小さい印象材はどれか。1つ選べ。
a 寒 天
b アルジネート
c ポリエーテルゴム
d 付加型シリコーンゴム
e モデリングコンパウンド

解答:表示

 

106C17
出血傾向の評価に用いるのはどれか。1つ選べ。
a Cr
b PT
c ALP
d CRP
e Bence Jonesタンパク

解答:表示

 

106C18
老化による舌の変化はどれか。1つ選べ。
a 血管の増加
b 味蕾の増加
c 上皮突起の増加
d 糸状乳頭の伸長
e 筋組織への脂肪浸潤

解答:表示

 

106C19
パノラマエックス線写真で上顎正中埋伏過剰歯を認めた。
この埋伏過剰歯の唇舌的位置を確認できるのはどれか。1つ選べ。
a 咬翼法
b 二等分法
c Waters法撮影
d 歯科用コーンビームCT
e 正面頭部エックス線規格撮影

解答:表示

 

106C20
脱水の徴候はどれか。1つ選べ。
a 顔面の浮腫
b 頰部の紅斑
c 眼瞼結膜の蒼白
d 顔面皮膚の乾燥
e 口唇のチアノーゼ

解答:表示

C21〜C40

106C21
ブラキシズムが原因となるのはどれか。1つ選べ。
a 開 咬
b 齲 蝕
c 咬合性外傷
d 閉口筋の萎縮
e 唾液分泌量の低下

解答:表示

 

106C22
診療録で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 保存期間は初診時から5年間である。
b 記載事項は医療法で規定されている。
c 医療機関外で保存することができる。
d 保存責任者は医療機関の開設者である。
e 電子媒体で作成した場合も書面での保存が必要である。

解答:表示

 

106C23
放射性ヨウ素が蓄積しやすいのはどれか。1つ選べ。
a  骨
b  筋
c 腎 臓
d 副 腎
e 甲状腺

解答:表示

 

106C24
回帰発症を特徴とするのはどれか。1つ選べ。
a 麻 疹
b 単純疱疹
c 日本脳炎
d ヘルパンギーナ
e 流行性耳下腺炎

解答:表示

 

106C25
成人の安静時における異常値はどれか。1つ選べ。
a SpO2 98%
b 体温 36.6℃
c 血圧 116/74mmHg
d 呼吸数 27/分
e 脈拍 69/分

解答:表示

 

106C26
医療面接で「診療を求めて来る動機となった自覚症状を経時的に記載した内容」はどれか。1つ選べ。
a 主 訴
b 現病歴
c 現 症
d 既往歴
e 社会歴

解答:表示

 

106C27
クリニカルパスの目的はどれか。1つ選べ。
a 医療訴訟対応
b 院内感染対策
c ヒヤリハットの防止
d 医療サービスの評価
e 医療従事者間の情報共有

解答:表示

 

106C28
小児への浸潤麻酔法で適切なのはどれか。1つ選べ。
a 22Gの針を用いる。
b 表面麻酔薬を併用する。
c 骨膜下に薬液を注入する。
d 薬液の注入時間を短くする。
e 血管収縮薬添加局所麻酔薬は用いない。

解答:表示

 

106C29
下顎骨の写真(別冊No.2)を別に示す。

成長過程で吸収するのはどれか。1つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

106C30
歯肉の炎症を評価するのはどれか。1つ選べ。
a 動揺度
b 歯根膜腔の拡大
c プロービング時の出血
d アタッチメントレベル
e プラークコントロールレコード

解答:表示

 

106C31
齲蝕の病因論について化学細菌説を唱えた歯科医師はどれか。1つ選べ。
a G.V.Black
b P.H.Keyes
c J.K.Clarke
d F.J.Orland
e W.D.Miller

解答:表示

 

106C32
非喫煙者と比べて、喫煙者の歯周病で歯肉に顕著なのはどれか。1つ選べ。
a 発 赤
b 腫 脹
c 潰 瘍
d びらん
e 色素沈着

解答:表示

 

106C33
乳臼歯の咬合面の模式図を示す。

この歯の歯根と根管数との組合せで最もよくみられるのはどれか。1つ選べ。
a 歯 根    根管数
a 2根 ————2根管
b 2根 ————3根管
c 2根 ————4根管
d 3根 ————3根管
e 3根 ————4根管

解答:表示

 

106C34
「ハインリッヒの法則」における重大事故、軽微な事故およびヒヤリハットの比で正しいのはどれか。1つ選べ。
重大事故 軽微な事故  ヒヤリハット
a 1  :  5    :  10
b 1  :  10  :   500
c 1  :  20  :   1,000
d 1  :  29  :   300
e 1  :  29  :  1,000

解答:表示

 

106C35
細胞外液のイオン組成で最も多いのはどれか。1つ選べ。
a K+
b Na+
c Ca2+
d Mg2+
e NH4+

解答:表示

 

106C36
アミノ酸代謝に関わる生化学検査項目はどれか。2つ選べ。
a ALP
b ALT
c AST
d ChE
e LDH

解答:表示

 

106C37
部分床義歯製作過程の写真(別冊No.3A、B)を別に示す。

写真Aから写真Bへの過程で行ったのはどれか。1つ選べ。
a ブロックアウト
b 着脱方向の変更
c ディンプルの形成
d カントゥアの修正
e ガイドプレーンの形成

解答:表示

 

106C38
習慣性口呼吸でみられるのはどれか。すべて選べ。
a 口輪筋の弛緩
b 前顔面高の減少
c 下顎切歯の圧下
d 上顎歯列弓の狭窄
e 上顎切歯の唇側傾斜

解答:表示

 

106C39
下顎頭軟骨の最表層を構成するのはどれか。1つ選べ。
a 軟骨細胞
b 骨芽細胞
c 線維芽細胞
d 滑膜A型細胞
e 滑膜B型細胞

解答:表示

 

106C40
Treacher Collins症候群とPierre Robin症候群とに共通して認められるのはどれか。1つ選べ。
a 過剰歯
b 先天歯
c 反対咬合
d 小下顎症
e 上顎骨劣成長

解答:表示

C41〜C60

106C41
パルスオキシメータで判断できるのはどれか。1つ選べ。
a 貧 血
b 徐 脈
c 低血糖
d 心筋虚血
e 高二酸化炭素血症

解答:表示

 

106C42
77歳の男性。週に4日、常勤相談役として大手商社に勤務している。
この男性が加入していると考えられる公的医療保険はどれか。1つ選べ。
a 各種共済
b 国民健康保険
c 組合管掌健康保険
d 後期高齢者医療制度
e 全国健康保険協会管掌健康保険

解答:表示

 

106C43
エックス線写真(別冊No.4A、B、C、D、E)を別に示す。

矢印で示す所見と疑われる疾患との組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
a ア ——— 歯根嚢胞
b イ ——— 歯周嚢胞
c ウ ——— 含歯性嚢胞
d エ ——— 原始性嚢胞
e オ ——— 角化嚢胞性歯原性腫瘍

解答:表示

 

106C44
1歳児の生活習慣で、齲蝕ハイリスクと判断するのはどれか。2つ選べ。
a 哺乳びんの使用
b 保育園への通園
c 指しゃぶりの継続
d 手づかみ食べの実施
e スポーツ飲料の頻回摂取

解答:表示

 

106C45
アセチルコリン用量-反応曲線を図に示す。

併用薬①はどれか。1つ選べ。
a アスピリン
b パパベリン塩酸塩
c ネオスチグミン臭化物
d アトロピン硫酸塩水和物
e シルデナフィルクエン酸塩

解答:表示

 

106C46
副腎皮質ステロイド薬が使用されるのはどれか。2つ選べ。
a 認知症
b 臓器移植
c 脳血管障害
d 自己免疫疾患
e 虚血性心疾患

解答:表示

 

106C47
70歳の女性。口角の痛みを主訴として来院した。食事中に痛みが増悪するという。初診時の口腔内写真(別冊No.5A)と細胞診の染色像(別冊No.5B)とを別に示す。

有効な薬剤はどれか。1つ選べ。
a 5-FU
b アシクロビル
c ビタミンB2製剤
d ミコナゾール硫酸塩
e アモキシシリン水和物

解答:表示

 

106C48
妊娠性歯肉炎への対応でまず行うのはどれか。1つ選べ。
a 歯肉切除術
b ルートプレーニング
c プラークコントロール
d インドメタシンの投与
e アンピシリン水和物の投与

解答:表示

 

106C49
手術時に周囲の関連組織を含めて切除するのはどれか。1つ選べ。
a 残留嚢胞
b 類皮嚢胞
c 鼻歯槽嚢胞
d 甲状舌管嚢胞
e リンパ上皮性嚢胞

解答:表示

 

106C50
小児の口腔清掃指導に関する組合せで適切なのはどれか。2つ選べ。
a    年 齢 指導対象   主な指導内容
a 0~1歳:保護者  :デンタルフロスの使用
b 2~3歳:保護者  :ガーゼ磨き
c 4~5歳:保護者、本人:スクラビング法
d 6~7歳:保護者、本人:第一大臼歯の一歯磨き
e 8~9歳:本人 :スティルマン法

解答:表示

 

106C51
インプラント上部構造の製作を行っている。作業用模型の写真(別冊No.6)を別に示す。

矢印で示す材料を用いる目的はどれか。2つ選べ。
a 清掃性の確認
b 粘膜厚径の再現
c カントゥアの調整
d 前装陶材の色調確認
e アクセスホールの位置修正

解答:表示

 

106C52
ポピュレーションストラテジーはどれか。2つ選べ。
a 歯周疾患要観察者(GO)の児童へのブラッシング指導
b 高等学校での歯科保健教育
c 職場の喫煙者への歯科保健指導
d 地域住民への歯科健康相談
e 要支援2の者への口腔機能向上トレーニング

解答:表示

 

106C53
歯内-歯周疾患の鑑別診断に重要なのはどれか。2つ選べ。
a 打 診
b 歯髄電気診
c 動揺度検査
d 歯周ポケット検査
e インピーダンス検査

解答:表示

 

106C54
睡眠で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 唾液分泌量が減少する。
b 睡眠の深さで脳波が変化する。
c 老化に伴って深い睡眠が増加する。
d REM睡眠では眼球運動が減少する。
e 新生児は10歳児よりもREM睡眠の割合が少ない。

解答:表示

 

106C55
先天異常とその特徴との組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
a 尖頭合指症 ——————— 上顎骨劣成長
b Turner症候群 —————— 高口蓋
c 頭蓋顔面異骨症 ————— 上顎骨過成長
d 鎖骨頭蓋骨異形成症 ——— 部分無歯症
e Russell-Silver症候群 ——— 下顎骨過成長

解答:表示

 

106C56
頰部の無痛性腫瘤の画像所見を示す。
・パノラマエックス線写真で小塊状の石灰化像
・CTで内部に石灰化物を含む不均一な軟組織濃度域
・MRIのT1強調像で不均一な低信号域
・MRIのT2強調像で不均一な高信号域
最も疑われるのはどれか。1つ選べ。
a 粘液腫
b 脂肪腫
c 血管腫
d 類皮嚢胞
e 類表皮嚢胞

解答:表示

 

106C57
下顎右側臼歯部欠損に対するインプラント治療の術前診断を行っている。研究用模型の写真(別冊No.7A)と、ある操作後の写真(別冊No.7B)とを別に示す。

この操作の目的はどれか。1つ選べ。
a 骨幅の計測
b 印象採得法の決定
c アバットメントの選択
d 診断用ステントの作製
e インプラント体の骨内長決定

解答:表示

 

106C58
笑気吸入鎮静法の禁忌はどれか。2つ選べ。
a 中耳炎
b 糖尿病
c 妊娠初期
d 脳梗塞の既往
e 白衣性高血圧

解答:表示

 

106C59
咬合性外傷歯で、一次性と二次性の鑑別診断に重要なのはどれか。1つ選べ。
a 歯肉の炎症
b 歯の動揺度
c 付着の喪失
d 歯根膜腔の拡大
e プロービング時の出血

解答:表示

 

106C60
弾性線維で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 基底膜を構成する。
b 歯根膜に多く存在する。
c 膠原線維と共に存在する。
d エラスチンが主成分である。
e マクロファージが産生する。

解答:表示

C61〜C80

106C61
下顎骨骨折の特徴はどれか。2つ選べ。
a 筋突起は好発部位である。
b 関節突起では直達骨折が多い。
c 下顎枝部では複雑骨折が多い。
d 正中部では骨片呼吸がみられる。
e 大臼歯部では下唇の知覚麻痺がみられる。

解答:表示

 

106C62
IP〈イメージングプレート〉方式の口内法デジタル画像システムの特徴はどれか。2つ選べ。
a 撮影後直ちに画像が表示される。
b 画像形成にレーザー光を利用する。
c センサーにCCD〈荷電結合素子〉を使用する。
d センサーと画像表示装置はケーブルで連結される。
e IP〈イメージングプレート〉の厚みはフィルムと同等である。

解答:表示

 

106C63
上顎前歯部ブリッジの写真(別冊No.8)を別に示す。

ポンティックの基底面形態はどれか。1つ選べ。
a 偏側型
b 船底型
c 鞍状型
d オベイト型
e リッジラップ型

解答:表示

 

106C64
下顎第一乳臼歯にみられるのはどれか。2つ選べ。
a 介在結節
b 臼歯結節
c カラベリー結節
d プロトスタイリッド
e 遠心トリゴニード隆線

解答:表示

 

106C65
口臭の原因となる揮発性化合物の産生に関与する酵素はどれか。1つ選べ。
a リパーゼ
b ペプシン
c トリプシン
d システインプロテアーゼ
e グルコシルトランスフェラーゼ

解答:表示

 

106C66
小学4年生の児童生徒健康診断票(歯・口腔)の一部を表に示す。

事後措置として、「歯科医師による診断と治療、または精密検査」を受けるよう指示するのはどれか。2つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

106C67
矯正装置と使用目的との組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
a ヘッドギア ————— 上顎骨の前方成長促進
b タングクリブ ———— 上顎歯列の側方拡大
c バイオネーター ——— 下顎骨の前方成長促進
d リップバンパー ——— 下顎大臼歯の遠心移動
e クワドヘリックス —— 上顎前歯の挺出

解答:表示

 

106C68
摂食機能療法で、医師または歯科医師の指示の下に訓練が行える職種はどれか。2つ選べ。
a 歯科衛生士
b 管理栄養士
c 言語聴覚士
d 介護福祉士
e 作業療法士

解答:表示

 

106C69
感染性医療廃棄物はどれか。すべて選べ。
a 切除組織片
b 使用済メス刃
c 使用済注射針
d 使用済試薬容器
e 細菌検査済培地

解答:表示

 

106C70
右側舌根部の腫瘤を主訴として来院した患者の舌の写真(別冊No.9)を別に示す。

矢印で示すのはどれか。1つ選べ。
a 線維腫
b 有郭乳頭
c 小唾液腺
d 粘液嚢胞
e 扁平上皮癌

解答:表示

 

106C71
若年者と比較して高齢者の齲蝕で著明なのはどれか。2つ選べ。
a 疼 痛
b 根面での発症
c 穿通性の進行
d 黒褐色の齲蝕象牙質量
e 感染歯質除去時の露髄

解答:表示

 

106C72
死亡率の高い疾患のスクリーニング検査法の評価において、最も重視するのはどれか。1つ選べ。
a 敏感度〈感度〉
b 特異度
c 偽陽性率
d 陽性反応適中度
e 陰性反応適中度

解答:表示

 

106C73
心不全の症状はどれか。2つ選べ。
a 静脈怒張
b 下腿浮腫
c 血圧上昇
d 尿量増加
e 顔面紅潮

解答:表示

 

106C74
歯周基本治療後にプロービングデプスが減少する理由はどれか。2つ選べ。
a 歯肉炎症の消退
b 付着歯肉幅の減少
c 上皮性付着量の増加
d 接合上皮の根尖側移動
e 結合組織性付着の獲得

解答:表示

 

106C75
フラビーガムにおける粘膜下組織の変化はどれか。1つ選べ。
a 増 生
b 化 生
c 再 生
d 創傷治癒
e 異物処理

解答:表示

 

106C76
歯髄で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 側副循環がある。
b 有髄神経が存在する。
c 未分化間葉細胞を含む。
d Ⅱ型コラーゲン線維が多い。
e エナメル質と複合体を形成する

解答:表示

 

106C77
細胞と免疫反応との組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
a B細胞 —————— ヒスタミン分泌
b T細胞 ————-—— 即時型アレルギー
c 好中球 —————— 貪食
d 肥満細胞 ————— 抗体産生
e 樹状細胞 ————— 抗原提示

解答:表示

 

106C78
レジン系シーラントと比較してグラスアイオノマーセメント系シーラントが優れているのはどれか。2つ選べ。
a 耐摩耗性
b 歯質接着性
c フッ素徐放性
d 長期的な保持
e 半萌出歯への応用

解答:表示

 

106C79
酸化亜鉛ユージノール系根管シーラーの成分で、根尖歯周組織に対して刺激作用があるのはどれか。1つ選べ。
a ロジン
b 酸化亜鉛
c ユージノール
d 硫酸バリウム
e 次炭酸ビスマス

解答:表示

 

106C80
日本人の食事摂取基準(2010年)において、耐容上限量が定められているのはどれか。2つ選べ。
a ビタミンA
b ビタミンB1
c ビタミンB2
d ビタミンC
e ビタミンD

解答:表示

C81〜C100

106C81
脳幹の神経核と関連する機能との組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 孤束核 ———————— 開口反射
b 顔面神経核 —————— 顔面皮膚触覚
c 舌下神経核 —————— 味覚
d 三叉神経中脳路核 ——— 歯根膜感覚
e 三叉神経脊髄路核 ——— 下顎張反射

解答:表示

 

106C82
保隙装置の特徴で正しいのはどれか。2つ選べ。
a クラウンループは咀嚼機能を改善する。
b 可撤保隙装置は審美性の回復ができる。
c リンガルアーチは歯列弓周長の保持に有効である。
d ディスタルシューは第二小臼歯の萌出時まで適用できる。
e Nanceのホールディングアーチは対合歯の挺出を防止する。

解答:表示

 

106C83
全部鋳造冠のワックスパターン形成中の写真(別冊No.10)を別に示す。

この方法について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 寸法変化が少ない。
b 操作が容易である。
c 均一な内面が得られる。
d コンタクトの調整が容易である。
e ワックス操作時の軟化温度が高い。

解答:表示

 

106C84
ヘルスプロモーションで正しいのはどれか。2つ選べ。
a 医療専門職主体の活動
b 医療機関の増設の推進
c 保健サービスの方向の固定化
d 健康推進のための公共政策づくり
e 問題解決のための個人技術の開発

解答:表示

 

106C85
造影CTで造影効果が顕著なのはどれか。2つ選べ。
a 顎下腺
b 外頸動脈
c 頰脂肪体
d 下顎神経
e 下顎骨骨皮質

解答:表示

 

106C86
セフェム系抗菌薬を投与した患者に菌交代現象でみられる症状はどれか。1つ選べ。
a 下 痢
b 頭 痛
c 発 疹
d 息切れ
e 顔面浮腫

解答:表示

 

106C87
歯科治療中の偶発症とその治療薬との組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
a 喘 息 —————————— バルビタール
b 不整脈 —————————— リドカイン塩酸塩
c 高血圧 —————————— アトロピン硫酸塩水和物
d 全身けいれん ——————— ロキソプロフェンナトリウム水和物
e メトヘモグロビン血症 ——— メチレンブルー

解答:表示

 

106C88
右側頰部の腫脹を主訴として来院した患者の口腔内写真(別冊No.11A)、エックス線写真(別冊No.11B)、CT(別冊No.11C)及び試験穿刺時の写真(別冊No.11D)を別に示す。

最も疑われるのはどれか。1つ選べ。
a 残留嚢胞
b 原始性嚢胞
c 鼻歯槽嚢胞
d エナメル上皮腫
e 術後性上顎嚢胞

解答:表示

 

106C89
応招義務があるのはどれか。すべて選べ。
a 医 師
b 歯科医師
c 看護師
d 歯科衛生士
e 診療放射線技師

解答:表示

 

106C90
全部床義歯の外形線で避ける部位はどれか。1つ選べ。
a 頰 棚
b 口蓋小窩
c 上顎結節
d 翼突下顎ヒダ
e レトロモラーパッド

解答:表示

 

106C91
Er:YAGレーザーの特徴で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 熱の影響が大きい。
b 組織深部に到達する。
c 固体レーザーである。
d 波長は可視域にある。
e 水への吸収率が高い。

解答:表示

 

106C92
下顎右側智歯抜去前のエックス線写真(別冊No.12A)と抜去後の口腔内写真(別冊No.12B)とを別に示す。

抜去後に考慮すべきなのはどれか。1つ選べ。
a 骨移植
b 顎間固定
c 結紮止血
d ビタミンB12投与
e カルバマゼピン投与

解答:表示

 

106C93
レジン系義歯床用裏装材の重合開始剤はどれか。2つ選べ。
a BPO
b MMA
c TEGDMA
d ヒドロキノン
e カンファーキノン

解答:表示

 

106C94
無歯顎の概形印象にモデリングコンパウンドを用いる理由はどれか。1つ選べ。
a 表面再現性に優れる。
b 辺縁を部分的に形成できる。
c 硬化時の寸法変化が小さい。
d 静止状態の粘膜を記録できる。
e アンダーカットの再現性に優れる。

解答:表示

 

106C95
医療法に基づき歯科診療所に関する情報を住民に提供するのはどれか。1つ選べ。
a 保険者
b 市町村
c 都道府県
d 厚生労働省
e 歯科医師会

解答:表示

 

106C96
腎前性の尿量減少の原因はどれか。1つ選べ。
a DIC
b 脱 水
c 腎 炎
d 尿管結石
e 前立腺肥大

解答:表示

 

106C97
ウェットボンディング法で歯面処理に用いるのはどれか。1つ選べ。
a リン酸
b マレイン酸
c フッ化水素酸
d アスコルビン酸
e ポリアクリル酸

解答:表示

 

106C98
循環器疾患を増悪する因子はどれか。すべて選べ。
a 喫 煙
b 肥 満
c 高血糖
d 動脈硬化
e 脂質異常症

解答:表示

 

106C99
クラスプの写真(別冊No.13A、B)を別に示す。

写真Aが写真Bより優れているのはどれか。2つ選べ。
a 維 持
b 把 持
c 適合性
d 審美性
e 歯面の自浄性

解答:表示

 

106C100
80歳の男性。脳梗塞で片側が麻痺している。「アー」と発音させたところ、口蓋垂が健側に引かれた。
この検査から判断して麻痺している可能性が高い神経はどれか。2つ選べ。
a 滑車神経
b 顔面神経
c 舌咽神経
d 迷走神経
e 舌下神経

解答:表示

C101〜C120

106C101
顎骨の多発性エックス線透過性病変を特徴とするのはどれか。2つ選べ。
a ケルビズム
b Gardner症候群
c 線維性異形成症
d 鎖骨頭蓋骨異形成症
e 基底細胞母斑症候群

解答:表示

 

106C102
麻酔導入時に用いる器具の写真(別冊No.14)を別に示す。

上気道確保に用いるのはどれか。2つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

106C103
舌側弧線装置の主線と複式弾線とに用いる金属線の直径の組合せで適切なのはどれか。1つ選べ。
a  主 線      複式弾線
a 0.7mm —————— 0.5mm
b 0.9mm —————— 0.5mm
c 0.9mm —————— 0.7mm
d 1.2mm —————— 0.7mm
e 1.2mm —————— 0.9mm

解答:表示

 

106C104
支台歯形成用バーの写真(別冊No.15)を別に示す。

オールセラミッククラウンの支台歯唇側フィニッシュラインから軸面にかけての形成に用いるのはどれか。1つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

106C105
MRIの画像形成に影響を与えるのはどれか。すべて選べ。
a 根面板
b 接着ブリッジ
c 陶材焼付鋳造冠
d レジンジャケット冠
e オールセラミッククラウン

解答:表示

 

106C106
歯内治療で実体顕微鏡による確認が有効なのはどれか。2つ選べ。
a 細菌の侵入度
b 穿孔部の位置
c 歯根破折の有無
d 破折ファイルの長さ
e フェネストレーションの有無

解答:表示

 

106C107
第二大臼歯の鋏状咬合を改善するために用いるのはどれか。1つ選べ。
a Ⅱ級ゴム
b Ⅲ級ゴム
c 交叉ゴム
d 四角ゴム
e 垂直ゴム

解答:表示

 

106C108
我が国の生活保護の状況について正しいのはどれか。1つ選べ。
a 保健所が医療機関を指定する。
b 近年の受給者数は減少傾向にある。
c 保険原理に基づく相互扶助制度である。
d 国民健康保険と同質の医療が提供される。
e 生活扶助費は生活保護費総額の80%を占める。

解答:表示

 

106C109
腫瘍の増殖能に関連した免疫染色マーカーはどれか。1つ選べ。
a Ki-67
b アクチン
c S100タンパク
d サイトケラチン
e α-フェトプロテイン

解答:表示

 

106C110
ミニマルインターベンション〈MI〉に基づいた齲蝕のマネージメントで提唱されているのはどれか。2つ選べ。
a 予防拡大
b 歯髄保護
c 補修修復
d 再石灰化処置
e 齲蝕象牙質内層除去

解答:表示

 

106C111
石膏系埋没材を用いて鋳造できるのはどれか。すべて選べ。
a 純チタン
b タイプ3金合金
c 陶材焼付用金合金
d 金銀パラジウム合金
e コバルトクロム合金

解答:表示

 

106C112
矯正装置の写真(別冊No.16)を別に示す。

適応症はどれか。1つ選べ。
a 開 咬
b 正中離開
c 前歯部反対咬合
d 大臼歯の近心転位
e 上顎歯列弓の狭窄

解答:表示

 

106C113
近年の我が国の国民医療費で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 減少傾向にある。
b 国民所得に対する割合は20%を超えている。
c 財源別では「保険料」が全体の5割を占めている。
d 歯科診療医療費は国民医療費の10%を超えている。
e 65歳以上における1人当たりの国民医療費は65歳未満の約4倍である。

解答:表示

 

106C114
骨格性反対咬合の外科的矯正治療における術前矯正の治療目標はどれか。2つ選べ。
a 上下顎前歯歯軸の改善
b 上下顎歯列弓形態の調和
c 上下顎歯列正中線の一致
d オーバージェットの改善
e 上下顎骨の位置関係の改善

解答:表示

 

106C115
骨移植材料で皮質骨と比較した海綿骨の特徴はどれか。2つ選べ。
a 可塑性が高い。
b 骨形成能が高い。
c 物理的強度が高い。
d 経時的な吸収が少ない。
e 形態保持が容易である。

解答:表示

 

106C116
混合腫瘍はどれか。1つ選べ。
a 奇形腫
b 乳頭腫
c 平滑筋腫
d 線維肉腫
e 未分化癌

解答:表示

 

106C117
根管拡大後の下顎乳臼歯の模式図を示す。

根管充塡領域で適切なのはどれか。1つ選べ。
a アまで
b イまで
c ウまで
d エまで
e オまで

解答:表示

 

106C118
幼若永久歯の深在性齲蝕に対するIPC法で、覆髄剤として適切なのはどれか。1つ選べ。
a FC糊剤
b トリオジンクパスタ
c 水酸化カルシウム糊剤
d クロロフェノール製剤
e グラスアイオノマーセメント

解答:表示

 

106C119
ビタミンK依存的にCa2+結合能を獲得するタンパク質はどれか。2つ選べ。
a ホスホホリン
b カルモジュリン
c プロトロンビン
d オステオカルシン
e シアロプロテイン

解答:表示

 

106C120
混合歯列期前期に行う矯正治療の目標で優先するのはどれか。2つ選べ。
a 正中離開の改善
b 小臼歯捻転の改善
c 骨格性の異常の改善
d 下顎前歯部叢生の改善
e 前歯部早期接触の除去

解答:表示

C121〜C130

106C121
翼突下顎縫線を構成するのはどれか。2つ選べ。
a 頰 筋
b 咬 筋
c 顎舌骨筋
d 外側翼突筋
e 上咽頭収縮筋

解答:表示

 

106C122
放射線の影響における線量−効果関係を図に示す。

実線で示される影響に属するのはどれか。2つ選べ。
a 白内障
b 骨壊死
c 白血病
d 甲状腺癌
e 遺伝的影響

解答:表示

 

106C123
下顎骨左側に発生した急性骨髄炎のMRI(別冊No.17)を別に示す。

病変部の信号強度の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
T1強調像     脂肪抑制T2強調像
a 高 ———————— 高
b 高 ———————— 低
c 中 ———————— 高
d 低 ———————— 高
e 低 ———————— 低

解答:表示

 

106C124
7歳の男児。舌の形態異常を主訴として来院した。触診で圧迫によって退色する。初診時の舌の写真(別冊No.00)を別に示す。

考えられるのはどれか。1つ選べ。
a 咬 傷
b 血管腫
c 地図状舌
d 正中菱形舌炎
e Blandin-Nuhn嚢胞

解答:表示

 

106C125
器具の写真(別冊No.19)を別に示す。

この器具で操作する材料で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 熱可塑性を示す。
b 水の接触角が小さい。
c 熱膨張係数が大きい。
d キレート反応で硬化する。
e 冷却でフローが大きくなる。

解答:表示

 

106C126
縫合時に針付き糸を用いる理由はどれか。1つ選べ。
a 手結びしやすい。
b 針が屈曲しない。
c 組織損傷が少ない。
d 創縁を合わせやすい。
e 針刺し切創を防止できる。

解答:表示

 

106C127
鰓嚢胞の画像所見はどれか。2つ選べ。
a CTで高濃度を呈する。
b CTで境界明瞭である。
c 骨シンチグラフィで集積を認める。
d MRIのT2強調像で高信号を呈する。
e 造影CTで内部の造影効果を認める。

解答:表示

 

106C128
歯の早期接触を調べるのはどれか。2つ選べ。
a 平行模型の計測
b 安静空隙量の測定
c 下顎運動路の検査
d セファログラムによるTweed分析
e ファンクショナルワックスバイト法

解答:表示

 

106C129
口臭の原因の硫化物となるアミノ酸はどれか。1つ選べ。
a アラニン
b グリシン
c チロシン
d メチオニン
e フェニルアラニン

解答:表示

 

106C130
初回通過効果を受ける薬物を経口投与した。投与時の条件を示す。

この薬物のバイオアベイラビリティ(%)を求めよ。
ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。
解答:①②%

解答:表示