口腔外科学(テキスト)

口腔外科学

口腔外科学

先天異常・発育不全

唇裂・口蓋裂・唇顎口蓋裂

・総 論
・唇 裂
・口蓋裂
・唇顎口蓋裂
・鼻咽腔閉鎖機能とその障害
・鼻咽腔閉鎖機能不全の治療

発育不全や奇形をきたす疾患と症候群

・4p-症候群
・13トリソミー症候群
・18トリソミー症候群
・Down 症候群
・Apert 症候群
・Beckwith-Wiedemann症候群
・Crouzon 症候群
・EEC症候群
・Goldenhar 症候群
・McCune-Albright症候群
・Opitz症候群
・Papillon-Lefvre症候群
・Robinシークエンス
・Stickler症候群
・Treacher Collins 症候群
・Van der Woude症候群
・歌舞伎症候群
・口腔・顔面・指趾症候群
・減汗性外胚葉異形成症
・骨形成不全症
・鎖骨・頭蓋異骨症
・I型耳・口蓋・指症候群
・眼・顔・心・歯症候群
・ムコ多糖症
・ムコリピドーシスII型(l-cell病)
・Marfan 症候群

顎関節疾患

顎変形症の治療
顎関節脱臼
顎関節症の分類と症状
顎関節症の治療
開口障害や顎の偏位を伴う疾患

損傷

骨折の分類
下顎骨骨折
上顎骨骨折(Le F ort 分類と症状)
顎骨骨折の診断・治療
歯の外傷
歯の脱臼
軟組織の外傷
損傷の防止

炎症・アレルギー疾患

・智歯周囲炎、口底蜂窩織炎、翼突下顎隙膿瘍
・膿瘍の処置
・全身感染症と顎口腔領域の症状
・急性歯性感染症
・顎骨の炎症
・上顎洞炎

嚢胞

顎嚢胞

軟組織の嚢胞

嚢胞様病変(偽嚢胞)※顎骨内

▼参考となる過去問はこちら▼

口腔外科学(過去問)

11/11/2018

腫瘍および類似疾患

良性腫瘍

 

悪性腫瘍

腫瘍類似疾患

前癌病変
口腔前癌病変
口腔前癌状態

歯原性腫瘍の分類
良性上皮性歯原性腫瘍
エナメル上皮腫
扁平上皮性歯原性腫瘍
石灰化上皮性歯原性腫瘍(Pindborg腫瘍)
腺腫様歯原性腫瘍
角化嚢胞性歯原性腫瘍
歯原性上皮と歯原性外胚葉性間葉からなる良性歯原性腫瘍
エナメル上皮線維腫
エナメル上皮線維象牙質腫,エナメル上皮線維歯牙腫
歯牙エナメル上皮腫
石灰化嚢胞性歯原性腫瘍,象牙質形成性幻影細胞腫
歯牙腫
良性間葉性歯原性腫瘍
歯原性線維腫
歯原性粘液腫
セメント芽細胞腫
悪性歯原性腫瘍
歯原性癌腫
歯原性肉腫
骨関連病変
骨形成線維腫
骨性異形成症
その他の腫瘍
乳児の黒色性神経外胚葉性腫瘍
良性上皮性腫瘍
乳頭腫
乳頭状過形成
角化棘細胞腫

線維腫および類似疾患
いわゆる線維腫
歯肉線維腫症
薬物性歯肉増殖症
神経系腫瘍
神経鞘腫
神経線維腫
神経線維腫症I型
切断神経腫
顆粒細胞腫
血管・リンパ管系腫瘍および腫瘍類似病変
血管・リンパ管系腫瘍の概念と分類
血管系腫瘍
血管奇形
リンパ管奇形
4.軟組織にみられるその他の腫瘍
疣贅型黄色腫
脂肪腫

軟骨腫
骨軟骨腫
骨種
外骨症
骨芽細胞腫
粘液腫
線維性骨異形成症
McCune-Albright症候群
ケルビズム
その他の腫瘍状病変
ランゲルハンス細胞組織球症
エプーリス
口唇および口腔の癌
上顎洞癌
軟骨肉腫

悪性黒色腫

全身疾患

歯の異常を伴う症候群
神経に症状がみられる症候群
自己免疫疾患と膠原病の概要
自己免疫疾患
膠原病
多形滲出性紅斑

感染症

肝炎ウイルス感染症
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症
単純疱疹
水痘、帯状疱疹
その他のウイルス感染症
その他の微生物由来の口腔粘膜疾患
特徴的な細菌感染症

唾液腺疾患

 

・流行性耳下腺炎
・Sjögren 症候群、口腔乾燥症

口腔領域の神経疾患

・三叉神経痛
・舌咽神経痛
・舌咽神経麻痺
・顔面神経麻痺
・星状神経節ブロック

血液疾患

鉄欠乏性貧血、Plummer-Vinson 症候群
巨赤芽球性貧血、悪性貧血
再生不良性貧血
溶血性貧血
白血病

参考となる過去問はこちら

口腔粘膜疾患

口腔カンジダ症
白板症
紅板症
扁平苔癬
黒毛舌
Fordyce斑
地図状舌
慢性再発性アフタ
正中菱形舌炎

参考となる過去問はこちらから

手術総論、一般診査

触診とその所見1
触診とその所見2
抜歯とその手技
抜歯後の偶発症1
抜歯後の偶発症2