【口腔外科学】先天異常:Robin シークエンス(Pierre Robin 症候群)



先天性小下顎症、最近ではRobin シークエンスという名称も使用されている。

参考となる過去問はこちら

原 因

・ 遺伝的な要因は不明

・子宮内の物理的圧迫に起因すると考えられている。胎児頭位が過度に前屈位にあるなど。

症 状

・舌根沈下、呼吸障害:呼吸障害の結果、二次的な漏斗胸を示す。

・先天性の小下顎症(鳥貌):オトガイ後退とともに舌骨上筋群の脆弱化。

・下顎遠心咬合:相対的な上顎突出

・口蓋裂(軟口蓋裂)

・四肢や耳介奇形

・先天性心疾患

治 療

国家試験レベルでは具体的に覚える必要はないと考えられる。

・就寝時や歯科治療中の舌根沈下には注意する。

・呼吸困難に対して舌前方牽引や気管切開を行うことも。

・小下顎症に対しては、骨延長術や顎矯正手術が行われる。

・口蓋裂や心疾患を合併する場合は、それらの治療が必要となる。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください