【口腔外科学】口腔扁平苔癬



口腔扁平苔癬

口腔扁平苔癬

上皮下へのリンパ球(T細胞)の帯状浸潤と、上皮層の肥厚または白斑などを特徴とする皮膚・粘膜の角化異常を伴う慢性炎症性病変

参考となる過去問はこちらから

病態

原 因

・原因は未確定

自己免疫疾患とされる。また、金属アレルギーやホルモンの関与も疑われる。

性差・好発年齢・好発部位

・30〜60代

・男女比は1:2〜3

・頬粘膜に両側性にみられる

症 状

・患部の違和感や接触痛、灼熱感など。

・レース状の白斑が多発性にみられる。

・水疱やびらんや潰瘍を伴う。

検査所見

病理所見

・上皮層の肥厚や萎縮、角化異常、鋸歯状の上皮脚

・基底細胞の液状変性

・上皮下へのリンパ球の帯状浸潤

・上皮下にコロイド体

治 療

・副腎皮質ステロイド局所投与

・金属修復物の除去

・ビタミンA投与(補助的)



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください