【口腔外科学】神経鞘腫



神経鞘腫

▼参考となる過去問はこちら▼

舌癌

【歯科医師国家試験】舌癌【2019年10月15日更新】

15/09/2019

病態

末梢神経にあるSchwann 細胞の増殖。

症状

・神経の機能障害

・病変部の腫脹

好発年齢・好発部位

・30〜40 代

・好発部位は頸部や頬部、側頭部。口腔内はまれである。

検査所見

病理組織所見

紡錘形のSchwann 細胞の増殖がみられる。

・核の柵状または観兵式状配列がみられる。(AntoniA型)

・免疫染色でS-100タンパク陽性

画像所見

・T1強調およびT2強調ともにMRIでは高信号領域

・部分的には高信号と低信号が混在することもある。

治療

・摘出術:予後は良好

▼参考となる過去問はこちら▼

舌癌

【歯科医師国家試験】舌癌【2019年10月15日更新】

15/09/2019



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください