Quincke 浮腫(2019年11月19日更新)【口腔外科学】



▼参考となる過去問はこちら▼

病態

突発性で局所的な血管透過性亢進による軟組織の腫脹。薬物などに対するアレルギー様反応とも考えられている。

症状

・局所的な突発性の腫脹。

・疼痛はほとんどない。

・数時間から数日で自然消退する。

肉芽腫性口唇炎との鑑別

外見上は肉芽腫性口唇炎と類似するが、肉芽腫性口唇炎はQuincke 浮腫のように自然消退することはない。

好発部位

• 口唇や眼瞼、咽頭などの軟組織。

治療

・経過観察

▼参考となる過去問はこちら▼



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください