【歯科医師国家試験】部分床義歯:総論(計20問)



総論

95C19
ブリッジと比較した場合の部分床義歯の特徴はどれか。
(1)違和感が少ない。
(2)清掃が容易である。
(3)粘膜負担である。
(4)多数歯欠損に適用できる。
(5)咀嚼能力に優れる。
a (1)、(2)、(3)  b (1)、(2)、(5)  c (1)、(4)、(5)
d (2)、(3)、(4)  e (3)、(4)、(5)

解答:表示

 

95C32
64歳の女性。上顎前歯部の補綴処置を希望して来院した。両側第二小臼歯に咬合面レストを持つ義歯を装着した。装着時の口腔内写真(別冊No.00A、B、C)と義歯の写真(別冊No.00D)とを別に示す。

義歯の回転脱落に抵抗する維持装置はどれか。2つ選べ。
a 7┴7の頬側腕鉤尖部
b 5┴5の頬側腕鉤尖部
c 5┴5の咬合面レスト
d 7┴7のレスト
e 7┴7の舌側腕鉤尖部

解答:表示

 

96C2
歯の喪失に伴う口腔内の変化で誤っているのはどれか。
a 隣在歯の傾斜
b 対合歯の沈下
c 咬合干渉の発生
d 食片圧入の発生
e 動揺度の増大

解答:表示

 

96C3
上顎の歯列模型を図に示す。

部分床義歯の設計で正しい組合せはどれか。
a KennedyⅠ級2類 粘膜支持
b KennedyⅠ級2類 歯根膜粘膜支持
c KennedyⅡ級2類 歯根膜支持
d KennedyⅡ級2類 粘膜支持
e KennedyⅡ級2類 歯根膜粘膜支持

解答:表示

 

96C6
咬合力の支持様式で正しい組合せはどれか。
a 下顎隆起────粘膜支持
b 頬棚──────粘膜支持
c 咬合面レスト───粘膜支持
d クラスプ先端───歯根膜支持
e 隣接面板────歯根膜支持

解答:表示

 

97C2
下顎第二小臼歯を鉤歯として使用するのに適している歯冠修復物はどれか。
(1)4/5クラウン
(2)全部鋳造冠
(3)プロキシマルハーフクラウン
(4)ポーセレンジャケットクラウン
(5)陶材焼付鋳造冠
a (1)、(2)、(3)  b (1)、(2)、(5)  c (1)、(4)、(5)
d (2)、(3)、(4)  e (3)、(4)、(5)

解答:表示

 

97C14
部分床義歯の支持力を高めるための正しい組合せはどれか。
a 歯根膜支持───リンガルバー
b 歯根膜支持───延長腕鉤
c 歯根膜支持───隣接面板
d 粘膜支持────オルタードキャスト法
e 粘膜支持────解剖学的印象法

解答:表示

 

97C15
レスト付2腕鉤の部位と機能との組合せで正しいのはどれか。
a 鉤腕の先端部───支持
b 鉤腕の肩部────把持
c レスト──────維持
d 鉤 体──────維持
e 鉤 脚──────維持

解答:表示

 

97C17
部分床義歯で正しいのはどれか。
a 支持は義歯に加わる水平的な力に抵抗する。
b レストと義歯床とは維持のための構成要素である。
c 支持は義歯を沈下させる咬合力に抵抗する。
d 大連結子は支持と把持とのための構成要素である。
e 把持は義歯を離脱させる力に抵抗する。

解答:表示

 

99C21
Kennedyの分類の基準となるのはどれか。
a 義歯床と支台歯との近遠心的位置関係
b 欠損様式と咬合負担様式
c 臼歯による咬合支持域
d 遊離端義歯の支持様式
e 義歯の維持装置の位置と数

解答:表示

 

101A117
以下の部分床義歯製作の操作で3番目に行うのはどれか。

a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

104A49
前歯残存の下顎遊離端欠損で臼歯人工歯のモールド選択の参考にするのはどれか。2つ選べ。
a 対合歯
b 鼻翼幅線
c 歯槽頂線
d Camper平面
e レトロモラーパッド

解答:表示

 

107A74
クラスプに求められる要件のうち受動性に該当するのはどれか。1つ選べ。
a 咬合力を支持する。
b 離脱力に抵抗する。
c 支台歯の3面4隅角を取り囲む。
d 着脱時に支台歯に生じる側方圧を相殺する。
e 義歯が静止状態にあるとき支台歯に力を及ぼさない。

解答:表示

 

107D15
70歳の男性。義歯の新製を希望して来院した。初診時の口腔内写真(別冊No.00A)と新製義歯の写真(別冊No.00B)とを別に示す。

丸印で示す部位で義歯の支持に有効なのはどれか。2つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

107D26
可撤性部分床義歯の写真(別冊No.00A)と口腔内装着時の写真(別冊No.00B)とを別に示す。

矢印で示す部分の目的はどれか。2つ選べ。
a 義歯の把持の向上
b 支台歯の移動の防止
c 義歯床の回転沈下への抵抗
d アンテリアガイダンスの付与
e 義歯床遠心端の浮き上がりの防止

解答:表示

 

107D43
即時重合レジンを用いて行う処置の写真(別冊No.00)を別に示す。

口腔内で完全硬化までこの状態で静置するのはどれか。すべて選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

109C103
部分床義歯の製作設計に際し、義歯構造体の設定手順で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 支台装置維持部 → 連結装置 → 義歯床 → レスト
b 義歯床 → 連結装置 → 支台装置維持部 → レスト
c レスト → 義歯床 → 連結装置 → 支台装置維持部
d レスト → 連結装置 → 支台装置維持部 → 義歯床
e レスト → 支台装置維持部 → 連結装置 → 義歯床

解答:表示

 

109C116
歯列の部分欠損に伴う二次性障害はどれか。1つ選べ。
a 外観不良
b 開口障害
c 咀嚼筋痛
d 発音障害
e 対合歯の挺出

解答:表示

 

110C48
上顎は全歯残存、下顎は2歯残存でKennedyⅣ級の欠損様式である。上下顎とも第三大臼歯は存在しない。
Eichnerの分類はどれか。1つ選べ。
a A2
b B2
c B4
d C1
e C2

解答:表示

 

110C129
可撤性部分床義歯の把持に有効なのはどれか。2つ選べ。
a 隣接面板
b 義歯床頰棚部
c 咬合面レスト
d パラタルストラップ
e 歯面に接する大連結子

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください