【歯科医師国家試験】歯科矯正学:矯正装置 〜 拡大装置 〜(計11問)



急速拡大装置

96C61
正中口蓋縫合部の骨形成を促進させるのはどれか。
a 舌側弧線装置
b 上顎前方牽引装置
c ヘッドギア
d 急速拡大装置
e 拡大床装置

解答:表示

 

97C73
14歳の女子。噛み合わせの異常を主訴として来院した。咬合時の機能的顎偏位はみられない。初診時の顔面写真(別冊No.00A)と口腔内写真(別冊No.00B、C、D、E、F)とを別に示す。セファロ分析の結果を図に示す。

治療方針で適切なのはどれか。
(1)舌側弧線装置による大臼歯咬合関係の改善
(2)ヘッドギアによる上顎大臼歯の遠心移動
(3)バイオネーターによる下顎の成長方向の改善
(4)拡大装置による臼歯部交叉咬合の改善
(5)マルチブラケット装置による歯の排列
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

97C74
15歳の女子。顔のゆがみを主訴として来院した。咬合時に下顎が右方に誘導される。セファロ分析の結果、角度計測値はすべて1S.D.内であった。初診時の顔面写真(別冊No.00A)と口腔内写真(別冊No.00B、C、D)とを別に示す。

治療方針で適切なのはどれか。
a 外科的矯正治療
b 筋機能訓練後、マルチブラケット装置による治療
c 上顎急速拡大後、マルチブラケット装置による治療
d チンキャップ治療後、マルチブラケット装置による治療
e 小臼歯抜歯後、マルチブラケット装置による治療

解答:表示

 

97C75
17歳の男子。唇顎口蓋裂による歯列不正の治療を行った。治療経過の口腔内写真(別冊No.00A、B、C、D、E)を年齢順に別に示す。

正しいのはどれか。2つ選べ。
a 5歳時にネジ付拡大装置で歯列弓を拡大した。
b 8歳時に舌側弧線装置の単式弾線で前歯を唇側移動した。
c 11歳時にCoffinの拡大装置で歯列弓を拡大した。
d 14歳時にマルチブラケット装置で個々の歯を排列した。
e 17歳時に動的治療を終了し咬合斜面板で保定を開始した。

解答:表示

 

100C49
15歳の女子。前歯部の咬合異常と下顎の偏位とを主訴として来院した。診断の結果、ある処置を行い、上下歯列正中線が一致した。初診時の口腔内写真(別冊No.00A、B、C)と処置前後のエックス線写真(別冊No.00D、E)とを別に示す。

この処置の目的はどれか。2つ選べ。
a 上下顎の垂直的関係の改善
b 大臼歯近遠心的関係の改善
c アーチレングスディスクレパンシーの解消
d 臼歯部の咬合干渉の除去
e 舌突出癖の除去

解答:表示

 

106A42
患児と保護者とに調整方法を指導する必要があるのはどれか。1つ選べ。
a 急速拡大装置
b リンガルアーチ
c クワドヘリックス
d トランスパラタルアーチ
e Nanceのホールディングアーチ

解答:表示

 

109C62
矯正装置装着時の口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

治療によって増加するのはどれか。すべて選べ。
a overbite
b 歯列弓幅径
c 歯槽基底弓幅径
d required arch length
e available arch length

解答:表示

 

110D18
4歳の男児。臼歯部交叉咬合を認めたため治療を行うこととした。矯正装置装着時の口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

保護者に説明しておくべきなのはどれか。すべて選べ。
a 構音への影響
b 矯正力付与の方法
c 口蓋正中部の疼痛
d 乳中切歯の正中離開
e 第一乳臼歯の口蓋側移動

解答:表示

 

クワドヘリックス

102A67
混合歯列期の治療で正しい組合せはどれか。1つ選べ。
a 歯槽性開咬────リップバンパー
b 骨格性開咬────咬合斜面版
c 機能性交叉咬合──クワドヘリックス
d 機能性反対咬合──上顎前方牽引装置
e 骨格性反対咬合──ヘッドギア

解答:表示

 

110A38
不正咬合と対応の組合せで歯列弓周長の増加が期待できるのはどれか。2つ選べ。
a 叢生 ―――――――― 連続抜去法
b 正中離開 ―――――― セクショナルアーチ
c 空隙歯列弓 ――――― 保隙装置
d 臼歯部交叉咬合 ――― クワドヘリックス
e 前歯部反対咬合 ――― 舌側弧線装置

解答:表示

 

緩除拡大装置

106C112
矯正装置の写真(別冊No.00)を別に示す。

適応症はどれか。1つ選べ。
a 開 咬
b 正中離開
c 前歯部反対咬合
d 大臼歯の近心転位
e 上顎歯列弓の狭窄

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください