【歯科医師国家試験】衛生学:統計 〜 統計総論 〜(計15問)



96A99
成人男子集団の体重の累積度数分布はどれか。

解答:表示

 

97A108
病院、有床一般診療所、無床一般診療所、有床歯科診療所および無床歯科診療所の施設数の年次推移を図に示す。

無床歯科診療所に該当するのはどれか。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

98A83
毎年実施されるのはどれか。
a 国勢調査
b 患者調査
c 保健福祉動向調査
d 歯科疾患実態調査
e 学校保健統計調査

解答:表示

 

99A88
2群間の比較でt検定を用いるのはどれか。
a DMFT指数
b DMF者率
c DMF歯率
d D者数
e M者数

解答:表示

 

99A110
平成14年患者調査の「う蝕」、「歯周疾患」、「口内炎及び関連疾患」、「唾液腺及び顎の疾患」および「歯の補てつ」の受療状況を図に示す。

「歯の補てつ」はどれか。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

100B90
現在の我が国の一人当たり年間砂糖消費量はどれか。
a 約10 kg
b 約20 kg
c 約30 kg
d 約40 kg
e 約50 kg

解答:表示

 

101A28
疫学調査で標本の抽出に用いるのはどれか。
a 乱数表
b t分布表
c F分布表
d x2分布表
e 確率積分表

解答:表示

 

101A35
集団検診時に診査者間の誤差を小さくするのに必要なのはどれか。
a マッチング
b サンプリング
c スクリーニング
d ダブルブラインド
e キャリブレーション

解答:表示

 

102B121
正規分布で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 左右対称である。
b 2変量の関係が示される。
c 現在の3歳児dft数の分布である。
d 平均値、中央値および最頻値は一致する。
e 平均値±標準偏差の範囲に約95%が分布する。

解答:表示

 

102B128
我が国の死因順位第1位はどれか。1つ選べ。
a 肺炎
b 心疾患
c 脳血管疾患
d 不慮の事故
e 悪性新生物

解答:表示

 

103C89
無作為抽出した標本に同一の食品を摂取させ、アンケートに回答してもらった結果を表に示す。

この結果から食品の好き嫌いが性別によって影響されているか否かを分析する方法はどれか。1つ選べ。
a t検定
b U検定
c χ2検定
d 相関分析
e 分散分析

解答:表示

 

105A73
一般統計調査はどれか。2つ選べ。
a 患者調査
b 国勢調査
c 学校保健統計調査
d 国民健康・栄養調査
e 医師・歯科医師・薬剤師調査

解答:表示

 

107A125
我が国における特定年齢のう蝕有病者率の年次推移を図に示す。

対象となる集団の年齢で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 1 歳6か月
b 3歳
c 12歳
d 20歳
e 40歳

解答:表示

 

107C44
研究を行ったサンプルにおいて、2群間の差を統計的に検定した結果と母集団における真理との関係を表に示す。

第1種の過誤はどれか。1つ選ベ。
a ア
b イ
c ウ
d アとエ
e イとウ

解答:表示

 

108C127
小学校のクラス(50名)における「一人当たりのDMF歯の合計」の度数分布表を示す。

「DMF歯の合計」の基本統計量の関係で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 平均値 > 最頻値 > 中央値
b 平均値 > 中央値 > 最頻値
c 最頻値 > 中央値 > 平均値
d 最頻値 > 平均値 > 中央値
e 中央値 > 平均値 > 最頻値
f 中央値 > 最頻値 > 平均値

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください