【歯科医師国家試験】小児歯科学:診査・診断(計11問)



診査・診断

97B16
7歳の男児。定期診査で来院した。来院時のエックス線写真(別冊No.00)を別に示す。

正しいのはどれか。2つ選べ。
a 上顎右側第二小臼歯は認められない。
b 上顎左側臼歯部に過剰歯が認められる。
c 下顎右側第二乳臼歯は脱落している。
d 下顎両側中切歯の歯根は未完成である。
e 下顎両側第二大臼歯の歯冠は完成している。

解答:表示

 

100C36
9歳の男児。歯列と咬み合わせの管理を希望して来院した。初診時のエックス線写真(別冊No.00)を別に示す。

正しい所見はどれか。
a 乳歯は11歯残存している。
b 永久歯は8歯欠如している。
c 欠如歯は全て小臼歯である。
d 埋伏過剰歯がある。
e 癒着歯がある。

解答:表示

 

101C8
7歳の男児。歯の衛生週間の保健活動の一環として実施する歯科健診に母親に連れられて来所した。下顎左側切歯が気になるという。来所時の口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

母親に対する説明で適切なのはどれか。
a 「この歯は乳歯なので生え代わるため心配はいりません」
b 「エナメル質が薄く、むし歯になりやすいので注意してください」
c 「永久歯がもう1本生える隙間がないので隣の乳歯を抜く必要があります」
d 「永久歯がもう1本生える隙間をつくるためにこの歯を削る必要があります」
e 「永久歯が1本少ないかもしれないので歯科医院で確認してください」

解答:表示

 

103C77
異常形態の口腔内写真(別冊No.00A)とエックス線写真(別冊No.00B)とを別に示す。経過観察を行っている。

定期健診時に留意すべきなのはどれか。2つ選べ。
a 破折
b 咬耗
c 咬合異常
d 外傷性咬合
e 根の形成異常

解答:表示

 

103D23
9歳の男児。歯科健康診査を希望して来院した。既往歴と服薬歴とに特記すべきことはない。初診時の口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

考慮すべき所見はどれか。2つ選べ。
a 過蓋咬合
b 隣接面齲蝕
c 歯肉の炎症
d 歯の萌出遅延
e 上唇小帯の付着異常

解答:表示

 

103D40
4歳の男児。下顎左側第一乳臼歯が萌出してこないことを主訴として来院した。炎症症状を認めない。初診時の口腔内写真(別冊No.00A)とエックス線写真(別冊No.00B)とを別に示す。

放置することによって起こり得るのはどれか。すべて選べ。
a 病変の縮小
b 「Dの発育不全
c 「Dの自然萌出
d 「4の発育不全
e 歯列弓周長の縮小

解答:表示

 

103D42
4歳の男児。上顎右側乳前歯の脱落を主訴として来院した。上唇の裂傷、 6歯に重度齲蝕および10歯に軽度齲蝕がみられる。男児は保育所に通所しているがコミュニケーションがとりにくく、衣服が汚れている。問診時の母親との会話の一部を示す。

歯科医師 「顔をどこかにぶつけたのですか」
母  親 「転んだんです」
歯科医師 「お子さんはよく転ぶんですか。手にも眼の周りにもあざができていますね」
母  親 「はい。発達が遅れていて、町の保健センターに相談しているんです」
歯科医師 「次に保健センターに行かれるのはいつですか」
母  親 「・・・・・・・」
歯科医師 「虫歯も多いようですが、これまで治療を受けたことはありますか」
母  親 「本人が歯医者さんを嫌がるんです」
歯科医師 「歯科医院には行かれたのですか」
母  親 「いいえ、今日が初めてです」
歯科医師 「そうですか。それではお子さんの治療をしましょう」

処置後に特に確認すべきことはどれか。1つ選べ。
a 幼児虐待
b 栄養摂取障害
c 運動機能障害
d 自立能力遅滞
e 精神発達遅滞

解答:表示

 

105B8
15歳の男子。上顎左側第二乳臼歯が生え代わらないことを主訴として来院した。└Eに動揺はなく、同歯の頬舌側歯槽部に骨の吸収や膨隆を触知しない。口腔内写真(別冊No.00A、B)とエックス線写真(別冊No.00C)とを別に示す。

次に行うべき検査はどれか。1つ選べ。
a 咬翼法
b 歯科用コーンビームCT
c Waters法エックス線撮影
d 頭部側方向エックス線撮影
e 頭部後前方向エックス線撮影

解答:表示

 

106B42
20歳の男性。上顎左側前歯の形態不良を主訴として来院した。初診時の口腔内写真(別冊No.00A)とエックス線写真(別冊No.00B)とを別に示す。

原因として考えられるのはどれか。2つ選べ。
a 過剰歯
b └3の矮小歯
c └3の先天欠如
d └Cの晩期残存
e └3のエナメル質形成不全

解答:表示

 

107B3
10歳の女児。学校歯科健診で歯列不正を指摘され来院した。初診時の口腔内写真(別冊No.00A)とエックス線写真(別冊No. 00B)とを別に示す。

認められる所見はどれか。2つ選べ。
a 過剰歯
b 低位乳歯
c 二重歯列
d 先天欠如
e 鋏状咬合

解答:表示

 

110B11
9歳の女児。歯の交換が遅いことを主訴として来院した。他に特記すべき疾患はない。初診時の口腔内写真(別冊No.00A)とエックス線写真(別冊No.00B)を別に示す。

 

未萌出の永久歯(先天欠如歯を除く)はどれか。1つ選べ。

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください