衛生学:国民医療費(計11問)【歯科医師国家試験】(2020年9月23日更新)



国民医療費(計11問)

97A109
我が国の歯科医療費で正しいのはどれか。
a 総額は減少傾向にある。
b 総額は30兆円を超えている。
c 国民医療費の約20%を占める。
d 自由診療費の割合は医科より高い。
e 構成割合が最も高いのは指導管理料である。

解答:表示

 

98A104
我が国の平成12年度国民医療費で正しいのはどれか。
a 歯科診療医療費が約15%を占める。
b 65歳以上の医療費が約50%を占める。
c 国民所得の約30%である。
d 入院医療費が約60%を占める。
e 総額60兆円を超えている。

解答:表示

 

99A116
我が国の歯科診療医療費、入院医療費、入院外医療費、薬局調剤医療費および訪問看護医療費の国民医療費に対する構成割合の年次推移を図に示す。

歯科診療医療費はどれか。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

102B63
近年の我が国の国民医療費における歯科医療費で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 額は年々増加している。
b 割合は10%以下である。
c 自由診療費を含んでいる。
d 額は5兆円を超えている。
e 65歳以上が50%を超えている。

解答:表示

 

103A55
国民医療費に含まれるのはどれか。1つ選べ。
a 咬合誘導
b 正常分娩
c 健康診断
d 予防接種
e 訪問診療

解答:表示

 

106C113
近年の我が国の国民医療費で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 減少傾向にある。
b 国民所得に対する割合は20%を超えている。
c 財源別では「保険料」が全体の5割を占めている。
d 歯科診療医療費は国民医療費の10%を超えている。
e 65歳以上における1人当たりの国民医療費は65歳未満の約4倍である。

解答:表示

 

108A92
平成22年度における我が国の国民医療費で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 財源の内訳では公費が約70%である。
b 国民所得に対する比率は約10%である。
c 後期高齢者医療給付分が国民医療費全体の約30%である。
d 国民医療費に占める歯科診療医療費の割合は約12%である。
e 歯科診療医療費のうち65歳以上が歯科全体の約50%である。

解答:表示

 

110C84
平成25年度の我が国の診療種類別国民医療費構成割合の図を示す。

歯科診療医療費はどれか。1つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

112B4
国民医療費に含まれる費用はどれか。1つ選べ。
a 禁煙治療
b 歯の漂白
c 予防接種
d 人間ドック
e 入院時室料差額

解答:表示

 

112C38
平成28年度国民医療費における制度区分別国民医療費の構成割合を図に示す。

イはどれか。1つ選べ。
ただし、ア〜オはa〜eのいずれかに該当する。
a 患者等負担分
b 軽減特例措置
c 医療保険等給付分
d 公費負担医療給付分
e 後期高齢者医療給付分

解答:表示

 

113B1
近年の我が国の国民医療費において、減少傾向にあるのはどれか。1つ選べ。
a 医科診療医療費
b 65歳以上の歯科診療医療費
c 人口1人当たりの国民医療費
d 国民所得に対する国民医療費の割合
e 国民医療費に占める歯科診療医療費の割合

解答:表示

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください