【歯科医師国家試験】歯科矯正学:矯正装置 〜 床矯正装置 〜(計8問)



咬合挙上板

99C63
口腔清掃管理が最も容易なのはどれか。
a クワドヘリックス
b 急速拡大装置
c リンガルアーチ
d 咬合挙上板
e マルチブラケット装置

解答:表示

 

102A52
矯正装置と大臼歯への作用との組合せで正しいのはどれか。すべて選べ。
a ヘッドギア───────近心移動
b 咬合挙上板───────挺 出
c Fränkel装置────── 舌側移動
d リップバンパー─────遠心移動
e クワドヘリックス────頬側移動

解答:表示

 

106A103
咬合挙上板による治療で値が大きくなるのはどれか。2つ選べ。
a FMA
b IMPA
c Y軸角
d 顔面角
e SNB角

解答:表示

 

107C56
ある矯正装置を装着したときの口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

目的はどれか。2つ選べ。
a 叢生の改善
b 大臼歯の挺出
c 下顎切歯の圧下
d 上顎骨の成長促進
e 下顎骨の成長抑制

解答:表示

 

108C109
矯正装置と大臼歯の移動様相の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
a ヘッドギア ―――――― 近心移動
b 咬合挙上板 ―――――― 挺 出
c Fränkel装置 ―――――  頰側移動
d 急速拡大装置 ――――― 口蓋側移動
e リップバンパー ―――― 近心移動

解答:表示

 

咬合斜面板

100B59
矯正装置とその効果との組合せで正しいのはどれか。
a 上顎前方牽引装置 ――― 縫合性成長の抑制
b ヘッドギア ――――――― 縫合性成長の促進
c チンキャップ ―――――― 軟骨性成長の促進
d 急速拡大装置 ――――― 軟骨性成長の抑制
e 咬合斜面板 ―――――― 軟骨性成長の促進

解答:表示

 

99C62
軟骨性成長を促進するのはどれか。
a ヘッドギア
b チンキャップ
c 咬合斜面板
d リンガルアーチ
e 上顎前方牽引装置

解答:表示

 

109C92
下顎骨の前方成長促進を目的として用いるのはどれか。2つ選べ。
a 咬合挙上板
b 咬合斜面板
c リップバンパー
d バイオネーター
e スライディングプレート

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください