【歯科医師国家試験】衛生学:公衆衛生 〜 産業保健 〜(計10問)



産業保健

98A95
労働衛生管理の「作業管理」はどれか。
a 休憩設備の充実
b 有害ガスの測定
c 労働衛生教育の実施
d 遠隔操作の推進
e 曝露時間の抑制

解答:表示

 

99D73
トータル・ヘルスプロモーション・プランで、すべての労働者に対して行われるのはどれか。
a 運動指導
b 心理相談
c 予防接種
d 機能訓練
e 栄養指導

解答:表示

 

100A143
職業病とその原因との組合せで正しいのはどれか。
a 潜函病 ―――――― 騒 音
b 熱中症 ―――――― 紫外線
c じん肺 ―――――― 急速減圧
d 歯の酸蝕症 ―――― 水 銀
e レイノー症候群 ―― 振 動

解答:表示

 

100A146
労働安全衛生法で歯科医師による健康診断が義務付けられているのはどれか。
a 亜鉛を取り扱う業務
b 硫酸を取り扱う業務
c アセトンを取り扱う業務
d アスベストを取り扱う業務
e マンガンを取り扱う業務

解答:表示

 

102B59
産業衛生で正しいのはどれか。2つ選べ。
a 定期健康診断は毎年6月までに行う。
b 健康診断は労働基準法に基づき実施される。
c 歯の酸蝕症の予防には作業環境管理が優先される。
d 海外派遣労働者には歯科健康診断を行わなければならない。
e じん肺予防のための防塵マスク着用の指導は作業管理である。

解答:表示

 

103A41
産業医が作業場での有害発生の危険性を勧告する対象はどれか。1つ選べ。
a 事業者
b 従業員
c 衛生委員会
d 衛生管理者
e 衛生推進者

解答:表示

 

103C105
メッキ工場の従業員に労働安全衛生法に基づいて歯科医師による健康診断を実施することとなった。
特に留意すべきなのはどれか。1つ選べ。
a 歯石の沈着
b 顎骨の壊死
c 歯表面の脱灰
d カドミウム黄色環
e 口腔粘膜のびらん

解答:表示

 

104C60
産業歯科保健で正しいのはどれか。1つ選べ。
a THPは労働者の健康保持増進を目的としている。
b 職業性の歯の酸蝕症治療は健康保険の対象となる。
c 産業医学基礎研修を受講しなければ産業歯科医になれない。
d 特殊健康診断を行った歯科医師が業務上疾病の認定を行う。
e 歯科医師による特殊健康診断は年に1回行うことが定められている。

解答:表示

 

105A71
職業性の歯の酸蝕症の原因物質はどれか。1つ選べ。
a 黄リン
b クロム
c カドミウム
d 二酸化硫黄
e 苛性ソーダ

解答:表示

 

110C105
労働安全衛生法に基づき、常時従事する労働者に対し、歯科医師による健康診断が義務付けられているのはどれか。1つ選べ。
a 鉛業務
b 除染等業務
c 管理区域に立ち入る放射線業務
d 屋内作業場等における有機溶剤業務
e 塩酸のガスを発散する場所における業務

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください