【歯科医師国家試験】全部床義歯:蝋義歯試適・埋没、重合、削合(計19問)



蝋義歯試適

97C8
全部床義歯で老人性顔貌を改善するのに必要なのはどれか。
(1)咬合高径を回復する。
(2)前歯部被蓋を付与する。
(3)咬頭傾斜が急な人工歯を排列する。
(4)ポストダムを付与する。
(5)人工歯列弓を拡大する。
a (1)、(2)、(3)  b (1)、(2)、(5)  c (1)、(4)、(5)
d (2)、(3)、(4)  e (3)、(4)、(5)

解答:表示

 

98C22
全部床義歯で蝋義歯試適時の点検事項でないのはどれか。
a 顎堤粘膜の被圧縮性
b 中心咬合位の咬合接触
c 水平的顎間関係
d 口唇・頬の豊隆
e 歯頸線の位置

解答:表示

 

98C43
65歳の女性。上顎全部床義歯試適時に「サ」行が発音しにくいと訴えたため、パラトグラム法で発音試験を行った。「サ」音発音前後の蝋義歯の写真(別冊No.00A、B)を別に示す。

行うべき操作はどれか。
a 前歯を唇側に排列する。
b 左側臼歯を頬側に排列する。
c 左側臼歯口蓋側にワックスを追加する。
d S字状隆起を付与する。
e 義歯床を薄くする。

解答:表示

 

98C44
63歳の女性。上下顎全部床義歯を製作することとした。上下顎蝋義歯の試適前の顔貌写真(別冊No.00A、B)と試適時の顔貌写真(別冊No.00C、D、E)とを別に示す。

試適時の所見はどれか。
a 咬合高径が不足している。
b 前歯の幅径が小さい。
c 顔面と義歯の正中が一致している。
d 赤唇が薄い。
e リップサポートがある。

解答:表示

 

100B44
全部床義歯の蝋義歯試適時に評価するのはどれか。
a 咬合高径
b 維持力
c 疼痛の有無
d 最大咬合力
e 咬合時の沈下量

解答:表示

 

102B71
パラトグラム検査に適しているのはどれか。2つ選べ。
a 顎間関係記録時
b 人工歯選択時
c 蝋義歯試適時
d 新義歯装着時
e 新義歯装着1か月後

解答:表示

 

104A127
上顎全部床義歯のフィニッシュラインを決定する時期はどれか。1つ選べ。
a 咬合採得直後
b 人工歯選択直後
c 蝋義歯試適直後
d 最終印象採得直後
e 概形印象採得直後

解答:表示

 

104C72
全部床義歯の蝋義歯試適時に確認するのはどれか。2つ選べ。
a 審美性
b 咬合接触
c 咀嚼機能
d 最大開口量
e 床粘膜面の適合

解答:表示

 

104D17
76歳の女性。全部床義歯の製作を希望して来院した。蝋義歯試適時に「カ音が発音しにくく、後方に隙間があるような気がする」と訴えた。蝋義歯の写真(別冊No.00A)とカ音発音時のパラトグラム(別冊No.00B)とを別に示す。

修正すべき事項はどれか。1つ選べ。
a 頬側研磨面形態
b 前歯部被蓋関係
c 上顎義歯床後縁の位置
d 臼歯部人工歯の排列位置
e 上顎義歯床後縁の床の厚さ

解答:表示

 

105D7
75歳の男性。上下顎全部床義歯を製作中である。審美性を確認した後に中心位でのチェックバイトを採得した。咬合器上の蝋義歯の写真(別冊No.00A)と口腔内試適時の写真(別冊No.00B)とを別に示す。

チェックバイトを採得した目的はどれか。1つ選べ。
a 咬合挙上
b 人工歯削合
c 側方顆路角調節
d 下顎模型再装着
e 矢状顆路傾斜角調節

解答:表示

 

106D4
77歳の男性。上下顎全部床義歯の試適時に「パ」行音と「マ」行音とが発音しにくいという。維持は良好である。旧義歯では発音不良を認めなかった。試適時の写真(別冊No.00)を別に示す。

対応として正しいのはどれか。1つ選べ。
a 咬合平面を下げる。
b 咬合高径を低くする。
c 小臼歯を頰側へ排列する。
d 前歯部人工歯幅径を大きくする。
e 上顎前歯部床研磨面形態を修正する。

解答:表示

 

108A126
全部床義歯の製作に用いる器具の写真(別冊No.00)を別に示す。

蝋義歯試適後の過程で用いるのはどれか。2つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

埋没・重合・削合

99C43
60歳の女性。上下顎全部床義歯を製作中である。試適の終わった蝋義歯を咬合器に装着した写真(別冊No.00)を別に示す。
続いて行う操作はどれか。
a ゴシックアーチトレーサーの設置
b 義歯の重合
c 下顎蝋義歯の咬合器再装着
d 選択削合
e 自動削合

解答:表示

 

100B45
BULLの法則に基づいた咬合調整の目的はどれか。
a 側方運動時作業側の干渉除去
b 側方運動時平衡側の干渉除去
c 前方運動時の干渉除去
d 中心位での干渉除去
e 咬頭嵌合位での干渉除去

解答:表示

 

101C22
64歳の女性。上下顎の全部床義歯を製作中である。フルバランスドオクルージョンを付与するため、重合後咬合器に再装着した。中心咬合位と側方咬合位の咬合接触の写真(別冊No.00A、B、C)を別に示す。

まず削合する部位はどれか。
a 右側上顎歯の中央窩
b 右側上顎歯の頬側咬頭内斜面
c 右側上顎歯の舌側咬頭内斜面
d 右側下顎歯の頬側咬頭頂
e 右側下顎歯の頬側咬頭外斜面

解答:表示

 

103C53
上顎全部床義歯の完成時のリマウントに用いるのはどれか。2つ選べ。
a Tenchのコア
b チェックバイト法
c スプリットキャスト法
d オルタードキャスト法
e ゴシックアーチ描記法

解答:表示

 

104A45
ポリカーボネート義歯床の製作法はどれか。1つ選べ。
a 光重合
b 加熱重合
c 常温重合
d 切削加工
e 射出成形

解答:表示

 

105C56
義歯製作過程のある操作の写真(別冊No. 00A、 B)を別に示す。

同じ目的で行う操作はどれか。 2つ選べ。
a FGPテクニック
b Tenchのコア採得
c Walkhoff小球利用法
d ゴシックアーチ描記法
e フェイスボウトランスファー

解答:表示

 

107A99
下顎右側第一大臼歯人工歯の咬合小面の模式図を示す。

黒く塗られた咬合小面について正しいのはどれか。2つ選べ。
a 中切歯、側切歯には存在しない。
b 作業側側方咬合と後方咬合時の運動方向によって規定される面である。
c 平衡側側方咬合と後方咬合時の運動方向によって規定される面である。
d 作業側と平衡側の側方咬合時の運動方向によって規定される面である。
e 矢状顆路傾斜角と矢状切歯路傾斜角によってその傾斜角が決定される。

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください