【歯科医師国家試験】歯科放射線学:放射線防護(計17問)



放射線防護

96A89
放射線診療従業者の個人モニタリングに用いる線量計はどれか。
(1)フイルムバッチ
(2)熱蛍光線量計
(3)ガイガーミュラー(GM)計数管
(4)シンチレーション計数器
(5)ガラス蛍光線量計
a (1)、(2)、(3)  b (1)、(2)、(5)  c (1)、(4)、(5)
d (2)、(3)、(4)  e (3)、(4)、(5)

解答:表示

 

97A69
放射線の実効線量の単位はどれか。
a C/kg
b J/kg
c Bq
d Gy
e Sv

解答:表示

 

99A64
小児のエックス線撮影で成人よりも正当化と最適化とが重要である理由はどれか。
(1)放射線感受性が高い。
(2)余命が長い。
(3)障害からの回復が早い。
(4)散乱線の影響を受けにくい。
(5)赤色骨髄の割合が低い。
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

100A92
実効線量の概念を表すのはどれか。
a 放射線の確率的影響
b 突然変異率を2倍にする線量
c 単位時間内に起こる放射性壊変
d 空気に対する放射線の電離能力
e 物質が吸収した放射線のエネルギー

解答:表示

 

100A103
吸収線量(Gy)から等価線量(Sv)を計算するために用いるエックス線の放射線荷重係数はどれか。
a 1
b 5
c 10
d 20
e 50

解答:表示

 

101B41
患者の放射線防護において行為の正当化で考慮すべき事項はどれか。2つ選べ。
a 被曝によるリスク
b 検査にかかる費用
c 線量拘束値の設定
d 検査から受ける利益
e 被曝線量の軽減手段

解答:表示

 

101B46
放射線管理のための個人モニタリングに使用されるのはどれか。2つ選べ。
a GM計数管
b ガラス線量計
c ポケット線量計
d 電離箱式サーベイメータ
e シンチレーション検出器

解答:表示

 

102A110
公衆被曝の線量限度が職業被曝よりも低い理由はどれか。すべて選べ。
a 妊婦や小児が含まれる。
b 被曝から利益を受けない。
c 職業被曝を受ける人が多い。
d 医療被曝を受ける人が多い。
e 個人の被曝が管理されていない。

解答:表示

 

103A42
全身のがんの発生率を推定できるのはどれか。1つ選べ。
a 照射線量
b 実効線量
c 吸収線量
d 等価線量
e 線量限度

解答:表示

 

103A99
歯科用コーンビームCTで吸収線量が1mGyの組織の等価線量はどれか。1つ選べ。
a 0.1mSv
b 1mSv
c 2mSv
d 5mSv
e 10mSv

解答:表示

 

104A124
エックス線画像検査による被曝で線量限度が定められているのはどれか。2つ選べ。
a 治療中の患者
b 診療時の歯科医師
c 研究のための被験者
d 患児を固定する母親
e 診療補助時の歯科衛生士

解答:表示

 

104C77
吸収線量から等価線量を求める際に必要なのはどれか。1つ選べ。
a 線量率
b 組織荷重係数
c 生物学的効果比
d 放射線荷重係数
e 線エネルギー付与

解答:表示

 

105A119
エックス線撮影における患者の放射線防護で「防護の最適化」はどれか。2つ選べ。
a 管理区域の設定
b ポケット線量計の着用
c 高感度フィルムの使用
d 環境モニタリングの実施
e 目的に適した照射野の選択

解答:表示

 

105C40
吸収線量から実効線量を求めるのに必要なのはどれか。2つ選べ。
a 線量率
b 線量限度
c 組織荷重係数
d 生物学的効果比
e 放射線荷重係数

解答:表示

 

108C50
放射線防護の最適化で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 20mSvの年間の線量限度
b 「ALARAの原則」による患者の防護
c エックス線診療室による管理区域の設定
d 電離箱式サーベイメータによる環境管理
e ガラスバッジ線量計による被曝線量の管理

解答:表示

 

109C36
国際放射線防護委員会の勧告で公衆の線量限度が設定されているのはどれか。2つ選べ。
a 照射線量
b 耐容線量
c 吸収線量
d 等価線量
e 実効線量

解答:表示

 

110C60
標準的な放射線検査の線量調査に基づき、それぞれの医療機関が最適化をはかる指標はどれか。1つ選べ。
a 国民線量
b 照射線量
c 環境放射線量
d 平均臓器線量
e 診断参考レベル

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください