【歯科医師国家試験】生理学:摂食嚥下・唾液・構音(計19問)



摂食・嚥下

98A24
成人の嚥下の咽頭相で起こるのはどれか。
(1)耳管開口
(2)軟口蓋下降
(3)喉頭蓋上昇
(4)喉頭挙上
(5)呼吸運動停止
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

99A17
嚥下を障害するのはどれか。
a 口唇閉鎖
b 声門閉鎖
c 鼻咽腔閉鎖
d 喉頭口閉鎖
e 食道入口部閉鎖

解答:表示

 

100A65
成人の嚥下誘発に有効な感覚情報を伝達するのはどれか。
a 舌下神経
b 顔面神経
c 迷走神経
d 交感神経
e 外転神経

解答:表示

 

101A43
咀嚼中に口腔以外で食塊が存在するのはどれか。
a 鼻 腔
b 上咽頭
c 中咽頭
d 下咽頭
e 喉 頭

解答:表示

 

101A50
摂食行動における大脳辺縁系の役割はどれか。
a 複雑な咀嚼力の調整
b 空腹感に基づく食欲の発生
c 咀嚼筋発火パターンの調整
d 基本的な運動パターンの発生
e 初めて見る食物の摂取可否決定

解答:表示

 

102B30
嚥下機能が障害される頻度が高いのはどれか。2つ選べ。
a 唾石症
b 脳血管障害
c 三叉神経痛
d 筋筋膜疼痛症候群
e 筋萎縮性側索硬化症

解答:表示

 

107A127
嚥下中枢があるのはどれか。1つ選べ。
a 間 脳
b 中 脳
c 小 脳
d 延 髄
e 脊 髄

解答:表示

 

110A102
摂食・嚥下の過程で球麻痺によって主に障害されるのはどれか。1つ選べ。
a 先行期
b 準備期
c 口腔期
d 咽頭期
e 食道期

解答:表示

 

唾液

103A48
唾液腺でNa+の再吸収に最も関与するのはどれか。1つ選べ。
a 漿液腺房
b 粘液腺房
c 排泄導管
d 線条部導管
e 介在部導管

解答:表示

 

103C42
唾液分泌で正しいのはどれか。1つ選べ。
a 随意的制御を受ける。
b イオン成分の濃度は分泌速度に影響されない。
c 安静時唾液の分泌には日内変動が認められる。
d 交感神経の刺激で有機成分の濃度が減少する。
e 安静時の分泌量は顎下腺よりも耳下腺の方が多い。

解答:表示

 

105C52
唾液腺から分泌される抗菌物質はどれか。1つ選べ。
a IgG
b 補体
c パロチン
d ヒスタチン
e アミラーゼ

解答:表示

 

106A50
唾液分泌を促進するのはどれか。2つ選べ。
a 嘔 吐
b 血漿浸透圧の上昇
c 副交感神経の興奮
d 舌癌の放射線治療
e Sjögren症候群の罹患

解答:表示

 

107C42
唾液腺を支配する副交感神経の節前ニューロンの細胞体が存在するのはどれか。1つ選べ。
a 中 脳
b 小 脳
c 延 髄
d 胸 髄
e 腰 髄

解答:表示

 

109A62
唾液腺導管部におけるイオン再吸収機構の駆動力はどれか。1つ選べ。
a 水チャネル
b Na+-K+ポンプ
c プロトンポンプ
d 電位依存性Na+チャネル
e Na+-Ca2+トランスポーター

解答:表示

 

発声・構音

97A41
障害によって嗄声を生じるのはどれか。
a 上喉頭神経
b 下喉頭神経
c 顔面神経頸枝
d 舌咽神経咽頭枝
e 迷走神経咽頭枝

解答:表示

 

100A66
母音の発声に関係ないのはどれか。
a 口 唇
b 呼 気
c 共鳴腔
d 喉頭原音
e 鼻咽腔閉鎖

解答:表示

 

101A34
声門を開大するのはどれか。
a 披裂筋
b 輪状甲状筋
c 甲状披裂筋
d 後輪状披裂筋
e 外側輸状披裂筋

解答:表示

 

103C102
構音に関係するのはどれか。2つ選べ。
a  舌
b 声 帯
c 気 管
d 喉頭蓋
e 軟口蓋

解答:表示

 

108C90
有声の日本語母音の生成に必須なのはどれか。2つ選べ。
a 呼気流
b 口唇閉鎖
c 舌骨挙上
d 声帯振動
e 舌と口蓋の接触

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください