【歯科医師国家試験】歯内療法学:歯内療法における偶発症(計9問)



歯内療法における偶発症

97B49
正しい組合せはどれか。
(1)歯根切除法────髄床底穿孔
(2)歯根尖切除法───根尖部根管での器具破折
(3)逆根管充填法───根管側枝由来の根尖病変
(4)歯根分離法────貫通型根分岐部病変
(5)歯の再植法────垂直性歯根破折
a (1)、(2)、(3)  b (1)、(2)、(5)  c (1)、(4)、(5)
d (2)、(3)、(4)  e (3)、(4)、(5)

解答:表示

 

97B50
正しい組合せはどれか。
(1)偶発的露髄──────失活抜髄法
(2)皮下気腫───────腫脹部の切開
(3)過剰根管充填─────経過観察
(4)根管壁穿孔──────穿孔部の封鎖
(5)根管内ファイル破折───バイパス形成
a (1)、(2)、(3)  b (1)、(2)、(5)  c (1)、(4)、(5)
d (2)、(3)、(4)  e (3)、(4)、(5)

解答:表示

 

97B75
48歳の女性。上顎左側第一小臼歯の感染根管治療中、突然に顔面の腫脹を生じた。自発痛があり、腫脹部の触診では捻髪音が認められる。そのときの顔貌写真(別冊No.00A)と初診時のエックス線写真(別冊No.00B)とを別に示す。

適切な処置はどれか。
a 根管開放
b 切開・排膿
c 抗菌薬投与
d イオン導入
e 根尖掻爬法

解答:表示

 

98B70
43歳の男性。上顎右側犬歯の治療中、頬部に腫脹が発現した。初診時のエックス線写真(別冊No.00A)、根管長測定時のエックス線写真(別冊No.00B)および腫脹発現時の顔貌写真(別冊No.00C)を別に示す。

適切な対応はどれか。2つ選べ。
a 摂食の制限
b 温罨法
c 抗菌薬の投与
d 内容物の穿刺
e 切開

解答:表示

 

100B27
歯性上顎洞炎で、まず行う処置はどれか。
a 抜髄法
b 感染根管治療
c 根尖掻爬法
d 歯根分離法
e 上顎洞根治術

解答:表示

 

100B30
次亜塩素酸ナトリウム剤の根尖溢出と皮下気腫とで共通する症状はどれか。
a 疼痛
b 腫脹
c 瘻孔
d 歯の動揺
e 皮膚の変色

解答:表示

 

104D15
52歳の男性。下顎左側第一大臼歯の違和感を主訴として来院した。感染根管治療を行うこととした。初診時のエックス線写真(別冊No.00)を別に示す。

矢印で示す所見への対応に有用なのはどれか。2つ選べ。
a 根管鉗子
b 実体顕微鏡
c 合釘除去器具
d 超音波振動装置
e ガッタパーチャ溶解剤

解答:表示

 

110D2
57歳の男性。左側の鼻漏と上顎左側第一大臼歯の咬合時の違和感を主訴として来院した。1か月前に気付いたが、変化はないという。└6は周囲歯肉に発赤と腫脹はみられないが、軽度の打診痛があり、歯髄電気診で生活反応はなかった。初診時のエックス線写真(別冊No.00A、B、C)及びCT(別冊No.00D)を別に示す。

抗菌薬の投与とともにまず行うべき処置はどれか。1つ選べ。
a 切開・排膿
b 根尖部掻爬
c 感染根管治療
d 歯根尖切除術
e 上顎洞根治術

解答:表示

 

110D14
28歳の女性。上顎左側第二小臼歯の歯肉腫脹を主訴として来院した。5年前に治療を受けたが、3か月前から歯肉が腫れてきたという。垂直打診で鈍痛がみられる。慢性化膿性根尖性歯周炎と診断した。瘻孔からガッタパーチャポイントを挿入した口腔内写真(別冊No.00A)とエックス線写真(別冊No.00B)を別に示す。

原因として考えられるのはどれか。1つ選べ。
a 器具破折
b 歯根破折
c 根尖部穿孔
d レッジ形成
e 根管充塡材溢出

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください