【歯科医師国家試験】クラウン・ブリッジ学:装着(計17問)



装着

97C7
ポーセレンジャケットクラウンをレジンセメントで合着する際の内面前処理で正しいのはどれか。
(1)電解エッチング処理
(2)サンドブラスト処理
(3)シランカップリング処理
(4)グリセリン塗布
(5)クエン酸処理
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

97C31
50歳の女性。上顎欠損部の補綴処置を希望して来院した。ブリッジを製作した。口腔内写真(別冊No.00A、B、C)を別に示す。

写真で示す段階で用いるのはどれか。2つ選べ。
a 圧排糸
b 咬合紙
c パラフィンワックス
d 超音波スケーラー
e コンタクトゲージ

解答:表示

 

101A30
全部鋳造冠の維持力を高めるのに有効な金属表面処理はどれか。
a フッ化水素酸処理
b サンドブラスト処理
c リン酸エッチング処理
d シランカップリング処理
e 次亜塩素酸ナトリウム処理

解答:表示

 

101B90
全部鋳造冠を製作した。歯型への適合は良好であったが、支台歯には適合しなかった。
考えられる原因はどれか。2つ選べ。
a 口腔内からの撤去時に印象が変形した。
b 歯型からの撤去時にワックスパターンが変形した。
c 埋没材の混水比を誤った。
d 鋳造時の鋳型温度を誤った。
e 歯型のトリミングを誤った。

解答:表示

 

101B108
接着ブリッジ装着でエナメル質の接着面を酸処理する理由はどれか。2つ選べ。
a エナメル質内有機物の溶解
b 接着性レジンのぬれの向上
c 遊離エナメル質の除去
d エナメル質接着面積の増大
e 接着性レジンの重合促進

解答:表示

 

102B124
50歳の女性。下顎左側大臼歯部の審美障害を主訴として来院した。支台歯形成後の写真(別冊No.00)を別に示す。

支台歯の被着面に行うのはどれか。2つ選べ。
a スズ電析処理
b フッ化水素酸処理
c 電解エッチング処理
d シランカップリング処理
e デンチンプライマー処理

解答:表示

 

103B43
34歳の男性。下顎右側第一小臼歯に陶材焼付鋳造冠を製作することとした。支台歯形成後のある操作の写真(別冊No.00)を別に示す。

この操作を行うにあたり適切なのはどれか。2つ選べ。
a 無影灯の光で明度を保つ。
b 自然光に近い色温度を確保する。
c エアシリンジで歯を完全に乾燥させる。
d 写真撮影を行い歯科技工士に判断を任せる。
e 隣接歯だけでなく反対側同名歯も参考にする。

解答:表示

 

104C55
ろう付け前に適合していた臼歯ブリッジの支台装置が、ろう付け後に適合しなかった。
考えられる原因はどれか。2つ選べ。
a 印象体が変形した。
b 偏心位で咬合採得した。
c 咬合面コアが変形した。
d 鋳造収縮の補償が不足した。
e 支台歯間の平行性がなかった。

解答:表示

 

104D30
40歳の女性。上顎左側第一大臼歯部の食片圧入を主訴として来院した。新製した鋳造冠(別冊No.00A)と合着時に使用する用具の写真(別冊No.00B)とを別に示す。

用具使用の手順で正しいのはどれか。1つ選べ。
a ア→ ウ→ エ→ イ
b イ→ ウ→ エ→ ア
c ウ→ エ→ ア→ イ
d エ→ ウ→ イ→ ア
e ア→ エ→ イ→ ウ

解答:表示

 

104D41
35歳の女性。下顎前歯部の審美障害を主訴として来院した。32┐に硬質レジン前装冠を装着することとした。作業用模型に修復物を装着した写真(別冊No.00A)と2┐の修復物を適合調整後、3┐に修復物を試適した口腔内写真(別冊No.00B)とを別に示す。

3┐の修復物で、まず調整するのはどれか。1つ選べ。
a 切縁
b 冠内面
c 唇面豊隆
d 近心隣接面
e 遠心隣接面

解答:表示

 

105B26
40歳の女性。下顎右側第二小臼歯のポーセレンジャケットクラウンを製作することとした。支台歯の口腔内写真(別冊No.00A)とポーセレンジャケットクラウンの写真(別冊No.00B)とを別に示す。

支台歯とポーセレンジャケットクラウンとに共通して行うのはどれか。1つ選べ。
a スズ電析処理
b フッ化水素酸処理
c メタルプライマー処理
d シランカップリング処理
e デンティンプライマー処理

解答:表示

 

105B44
61歳の女性。上顎左側第一大臼歯にクラウンを装着することとした。クラウンの咬合接触状態について、作業用模型上の写真(別冊No.00A)と口腔内試適時の写真(別冊No.00B)とを別に示す。

咬合接触状態が相違した原因はどれか。1つ選べ。
a 歯型の気泡
b 歯型のトリミング
c 歯型の浮き上がり
d 隣在歯模型材の摩耗
e 上下顎模型の嵌合状態の不良

解答:表示

 

107B52
53歳の女性。上顎左側第一小臼歯欠損に対する補綴装置の装着を行う際の口腔内写真(別冊No.00A)、補綴装置の写真(別冊No.00B)及び補綴装置内面処理中の写真(別冊No.00C)を別に示す。

チェアサイドで行う操作の頂序で正しいのはどれか。1つ選べ。
a ア→イ→ウ
b ア→ウ→イ
c イ→ア→ウ
d イ→ウ→ア
e ウ→ア→イ
f ウ→イ→ア

解答:表示

 

108B23
下顎左側第一大臼歯にクラウンを装着することとした。咬頭嵌合位における咬合調整中のクラウンの写真(別冊No. 00 A)と咬合紙記録の写真(別冊No. 00B)を別に示す。

次に調整する部位はどれか。1つ選べ。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

108B44
37歳の女性。上顎左側中切歯の審美不良を主訴として来院した。オールセラミッククラウンによる補綴歯科治療を行うこととした。デュアルキュア型レジンセメントによる装着過程の操作順の写真(別冊No.00A、B、C、D、E)を別に示す。

Bの操作を行う際の留意点はどれか。2つ選べ。
a 酸素遮断剤と併用する。
b 浮き上がりに注意する。
c 光照射は単一方向から行う。
d 光照射時間は数秒以内とする。
e クラウン圧接後、数分待って照射する。

解答:表示

 

108B51
上顎右側第二小臼歯に光重合型レジンを用いて製作したクラウンを装着することとした。支台歯の写真(別冊No.00A)とその装着過程の写真(別冊No.00B)を別に示す。

正しい装着の手順はどれか。1つ選べ。
a ア→イ→ウ
b ア→ウ→イ
c イ→ア→ウ
d イ→ウ→ア
e ウ→ア→イ
f ウ→イ→ア

解答:表示

 

108D10
20歳の男性。上顎左右側切歯の審美不良を主訴として来院した。2┴2は形成することなくメタルフリー補綴装置で治療することとした。初診時と補綴装置装着後の口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

装着時に行うのはどれか。2つ選べ。
a 木片の嚙みしめ
b 圧排糸による歯肉圧排
c ウェッジによる歯間離開
d 被着面への酸素遮断剤塗布
e 完全硬化前の溢出セメント除去

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください