生化学:歯と歯周組織の生化学(計5問)【歯科医師国家試験】(2020年5月17日更新)



▼参考となるテキストはこちらから▼

ホスホホリン

象牙質の有機成分:ホスホホリンなど(象牙質リンタンパク)【生化学】

08/06/2020
エナメル質の有機成分

エナメル質の有機成分:アメロゲニン・エナメリンなど【生化学】

07/06/2020

歯と歯周組織

97A45
歯肉溝滲出液で誤っているのはどれか。
a Na+濃度がK+濃度より高い。
b 炎症によって増加する。
c 補体成分が存在する。
d コラゲナーゼが存在する。
e IgAは二量体が多い。

解答:表示

 

102B64
エナメルタンパク質で正しいのはどれか。1つ選べ。
a エナメリンは分解されない。
b Ⅰ型コラーゲンが主成分である。
c アメロゲニンはエナメル質の石灰化に関わる。
d エナメリンはアメロゲニンの低分子化に関わる。
e ホスホホリンは形成期エナメル芽細胞から分泌される。

解答:表示

 

104A86
象牙質で特異的に存在するタンパク質はどれか。1つ選べ。
a デコリン
b ホスホホリン
c Ⅰ型コラーゲン
d アメロブラスチン
e オステオカルシン

解答:表示

 

108C66
セメント質に存在するのはどれか。2つ選べ。
a デスミン
b エラスチン
c ホスホホリン
d Ⅰ型コラーゲン
e オステオカルシン

解答:表示

 

112C4
象牙質に最も多く含まれる非コラーゲン性タンパク質はどれか。1つ選べ。
a ホスホホリン
b オステオカルシン
c オステオポンチン
d 象牙質シアロタンパク質
e 象牙質マトリックスタンパク質1

解答:表示

 
▼参考となるテキストはこちらから▼

ホスホホリン

象牙質の有機成分:ホスホホリンなど(象牙質リンタンパク)【生化学】

08/06/2020
エナメル質の有機成分

エナメル質の有機成分:アメロゲニン・エナメリンなど【生化学】

07/06/2020



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください