【歯科医師国家試験】生化学:総論・カルシウム代謝(計18問)



総論

95A31
DNAの塩基配列を特異的に認識して切断するのはどれか。
a DNAポリメラーゼ
b DNAリガーゼ
c リボヌクレアーゼ
d 逆転写酵素
e 制限酵素

解答:表示

 

95A33
RNAに含まれない塩基はどれか。
a アデニン
b ウラシル
c グアニン
d シトシン
e チミン

解答:表示

 

96A34
血漿タンパク質はどれか。
(1)フィブリノゲン
(2)クレアチニン
(3)トロンビン
(4)ビリルビン
(5)グロブリン
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

97A31
正しいのはどれか。
a DNAはウラシル塩基をもつ。
b RNAはデオキシリボースをもつ。
c 核内のmRNAはイントロンをもつ。
d アデニンはグアニンと相補性をもつ。
e 原核細胞のmRNAはポリAをもつ。

解答:表示

 

97A45
歯肉溝滲出液で誤っているのはどれか。
a Na+濃度がK+濃度より高い。
b 炎症によって増加する。
c 補体成分が存在する。
d コラゲナーゼが存在する。
e IgAは二量体が多い。

解答:表示

 

98A11
mRNAのトリプレットコドン表を示す。

鋳型DNA鎖(TAC-CTC-TTA)から合成されるペプチドはどれか。
a チロシン ─ アラニン ─ システイン
b チロシン ─ ロイシン ─ ロイシン
c メチオニン ─ グルタミン酸 ─ アスパラギン
d メチオニン ─ グルタミン ─ アスパラギン酸
e メチオニン ─ グルタミン ─ アスパラギン

解答:表示

 

99A6
mRNAのトリプレットコドン表を示す。

3′─CCU─5′をアンチコドンにもつtRNAが運搬するアミノ酸はどれか。
a リシン
b グリシン
c プロリン
d ヒスチジン
e イソロイシン

解答:表示

 

100A51
Polymerase Chain Reaction(PCR)に不要なのはどれか。
a DNAリガーゼ
b DNAプライマー
c DNAテンプレート
d デオキシヌクレオチド
e 耐熱性DNAポリメラーゼ

解答:表示

 

101B127
タンパク質に糖鎖を付加する細胞内小器官はどれか。
a 分泌小胞
b ゴルジ体
c リボソーム
d リソソーム
e ミトコンドリア

解答:表示

 

104C92
血漿のタンパク分画を検査した際の電気泳動像と濃度パターン(別冊No.00)を別に示す。

矢印で示すのはどれか。1つ選べ。
a アミラーゼ
b アルブミン
c コラーゲン
d ヘモグロビン
e γ-グロブリン

解答:表示

 

108A110
ヒトのDNAで正しいのはどれか。2つ選べ。
a RNAの逆転写で合成される。
b プリン塩基は尿酸へ異化される。
c 塩基間の結合は共有結合である。
d アデニンとウラシルの含量は等しい。
e 損傷を受けると修復する機構がある。

解答:表示

カルシウム代謝

99A11
活性型ビタミンDで正しいのはどれか。
a 肝から分泌される。
b 血清Ca2+の調節因子である。
c 血糖の調節因子である。
d 受容体は細胞膜にある。
e 遊離型で血中を運搬される。

解答:表示

 

102B85
血中Ca2+を減少させるホルモンを分泌するのはどれか。1つ選べ。
a 甲状腺
b 副腎皮質
c 副腎髄質
d 副甲状腺
e 下垂体後葉

解答:表示

 

103C117
臓器と産生するホルモンとの組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 副 腎 ――― インスリン
b 膵 臓 ――― エストロゲン
c 肝 臓 ――― カルシトニン
d 卵 巣 ――― テストステロン
e 腎 臓 ――― 活性型ビタミンD3

解答:表示

 

104C68
カルシトニンが骨に作用する様式はどれか。1つ選べ。
a 傍分泌
b 内分泌
c 自己分泌
d 接触分泌
e 神経分泌

解答:表示

 

105A38
活性型ビタミンD3の生成に関与するのはどれか。2つ選べ。
a  骨
b 肝 臓
c 腎 臓
d 唾液腺
e 副腎皮質

解答:表示

 

105A50
副甲状腺ホルモンの作用はどれか。1つ選べ。
a 抗利尿
b 血糖降下
c 子宮収縮
d 血清Ca値上昇
e エネルギー代謝促進

解答:表示

 

110C42
血中カルシウム濃度を調節するホルモンを産生するのはどれか。1つ選べ。
a 松果体細胞
b 濾胞傍細胞
c 膵島B細胞
d 糸球体傍細胞
e 副腎髄質細胞

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください