生化学:カルシウム代謝(計7問)【歯科医師国家試験】



▼参考となるテキストはこちらから▼

カルシムの調整

カルシウムの調節機構:PTH・ビタミンD・カルシトニン【生化学】

11/06/2020

カルシウム代謝

99A11
活性型ビタミンDで正しいのはどれか。
a 肝から分泌される。
b 血清Ca2+の調節因子である。
c 血糖の調節因子である。
d 受容体は細胞膜にある。
e 遊離型で血中を運搬される。

解答:表示

 

102B85
血中Ca2+を減少させるホルモンを分泌するのはどれか。1つ選べ。
a 甲状腺
b 副腎皮質
c 副腎髄質
d 副甲状腺
e 下垂体後葉

解答:表示

 

103C117
臓器と産生するホルモンとの組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 副 腎 ――― インスリン
b 膵 臓 ――― エストロゲン
c 肝 臓 ――― カルシトニン
d 卵 巣 ――― テストステロン
e 腎 臓 ――― 活性型ビタミンD3

解答:表示

 

104C68
カルシトニンが骨に作用する様式はどれか。1つ選べ。
a 傍分泌
b 内分泌
c 自己分泌
d 接触分泌
e 神経分泌

解答:表示

 

105A38
活性型ビタミンD3の生成に関与するのはどれか。2つ選べ。
a  骨
b 肝 臓
c 腎 臓
d 唾液腺
e 副腎皮質

解答:表示

 

105A50
副甲状腺ホルモンの作用はどれか。1つ選べ。
a 抗利尿
b 血糖降下
c 子宮収縮
d 血清Ca値上昇
e エネルギー代謝促進

解答:表示

 

110C42
血中カルシウム濃度を調節するホルモンを産生するのはどれか。1つ選べ。
a 松果体細胞
b 濾胞傍細胞
c 膵島B細胞
d 糸球体傍細胞
e 副腎髄質細胞

解答:表示

 

▼参考となるテキストはこちらから▼

カルシムの調整

カルシウムの調節機構:PTH・ビタミンD・カルシトニン【生化学】

11/06/2020



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください