【歯科医師国家試験】歯科放射線学:画像検査 〜 核医学検査 〜(計11問)



核医学検査

97A77
骨シンチグラフィで強い集積を示すのはどれか。
(1)顎骨骨髄炎
(2)歯原性角化嚢胞
(3)エナメル上皮腫
(4)歯牙腫
(5)線維性骨異形成症
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

99A61
正しい組合せはどれか。
(1)ラジオイムノアッセイ───中性子線
(2)シンチグラフィ─────ガンマ線
(3)CT──────────エックス線
(4)MRI─────────アルファ線
(5)IVR─────────ベータ線
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

99A62
シンチグラフィで判定するのはどれか。
(1)血流速度
(2)腫瘍の存在
(3)唾液腺機能
(4)骨塩量
(5)嚥下機能
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

101A96
画像(別冊No.00)を別に示す。

画像形成に利用されているのはどれか。
a アルファ線
b ベータ線
c ガンマ線
d 中性子線
e エックス線

解答:表示

 

101B54
核医学検査画像(別冊No.00)を別に示す。

異常集積がみられるのはどれか。
a 顎関節
b 上顎洞
c 耳下腺
d 舌下腺
e 顎下腺

解答:表示

 

102B123
シンチグラフィの組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。
a 201TlCl────────腺リンパ腫
b 99mTcO4-───────悪性リンパ腫
c 123I-NaI────────顎関節症
d 99mTc-MDP──────骨転移
e 67Ga-citrate──────口腔乾燥症

解答:表示

 

103C57
頸部リンパ節の画像検査法で医薬品を用いずに適用できるのはどれか。2つ選べ。
a PET
b MRI
c 超音波検査
d 経静脈造影CT
e 腫瘍シンチグラフィ

解答:表示

 

104C127
99mTc-MDPを用いた核医学検査で判定できるのはどれか。2つ選べ。
a 唾液の分泌能
b 骨髄炎の活動性
c 軟部嚢胞の性状
d 悪性腫瘍の骨への転移
e 悪性腫瘍の軟組織への転移

解答:表示

 

108A122
口底癌術後の患者に行った検査画像(別冊No.00)を別に示す。

この検査法はどれか。1つ選べ。
a PET/CT
b 超音波ドプラ
c 拡散強調MRI
d 腫瘍シンチグラフィ
e 歯科用コーンビームCT

解答:表示

 

109C49
疾患と検査・治療法の組合せで誤っているのはどれか。1つ選べ。
a 嚥下障害 ―――――――― VF
b 顎関節症 ―――――――― MRI
c 骨粗鬆症 ―――――――― DXA
d 動静脈奇形 ――――――― IVR
e 真性三叉神経痛 ――――― PET

解答:表示

 

110A125
口底の腫脹を主訴として来院した患者の口腔内写真(別冊No.00A)と検査画像(別冊No.00B)を別に示す。この検査は①の代謝を反映する。

①に入るのはどれか。1つ選べ。
a ドパミン
b アルコール
c アルデヒド
d グルコース
e クレアチン

解答:表示

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください