【歯科医師国家試験】小児歯科学:小児の咬合誘導 〜 可撤保隙装置 〜(計9問)



可撤保隙装置

97B12
喪失部位と保隙装置との組合せで正しいのはどれか。
a 歯齢ⅡAの上顎両側乳中切歯────リンガルアーチ
b 歯齢ⅡAの下顎片側第一乳臼歯───ディスタルシュー
c 歯齢ⅡCの上顎両側第二乳臼歯───Nanceのホールディングアーチ
d 歯齢ⅢAの下顎両側第一乳臼歯───可撤式保隙装置
e 歯齢ⅢBの上顎片側第二乳臼歯───クラウンループ

解答:表示

 

100B9
保隙装置で正しい組合せはどれか。
a ディスタルシュー ―――――――― 咬合の回復
b Nanceのホールディングアーチ ―― 下顎に適応
c リンガルアーチ保隙装置 ――――― 歯齢IC期に適応
d クラウンループ ――――――――― 未萌出第一大臼歯の保隙
e 可撤保隙装置 ――――――――― 構音機能の回復

解答:表示

 

105A44
Hellmanの歯齢ⅡC期に応用する可撤保隙装置の下顎中切歯矢状断面の模式図を示す。

適切なのはどれか。1つ選べ。
a (図)
b (図)
c (図)
d (図)
e (図)

解答:表示

 

106D8
4歳の男児。食物が噛み切れないことを主訴として来院した。初診時の口腔内写真(別冊No.00A)とエックス線写真(別冊No.00B)とを別に示す。

適切な対応はどれか。1つ選べ。
a 経過観察
b 摂食指導
c ブリッジ装着
d 可撤保隙装置装着
e Nanceのホールディングアーチ装着

解答:表示

 

108A107
Hellmanの歯齢ⅡA期に用いる可撤保隙装置の製作過程で適切なのはどれか。2つ選べ。
a 筋形成を行う。
b 咬合採得を行う。
c レジン歯を用いる。
d 乳犬歯に舌面レストを設定する。
e 頰側の辺縁を歯肉頰移行部に設定する。

解答:表示

 

108C74
5歳の女児。上顎左側乳中切歯を齲蝕により抜去し、可撤保隙装置を装着することにした。装着前の口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

期待できるのはどれか。2つ選べ。
a 審美性の回復
b 鼻呼吸の促進
c 口腔習癖の予防
d 唾液分泌の促進
e 後継歯の萌出促進

解答:表示

 

109B52
7歳の女児。咀嚼困難を主訴として来院した。上顎前歯部のエックス線検査から両側中切歯の歯根形成量は2/3程度であった。全身状態は良好である。初診時の口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

対応で適切な組合せはどれか。1つ選べ。
上顎                下顎
a 経過観察 ―――――――――――――― バンドループ
b 経過観察 ―――――――――――――― 可撤保隙装置
c 可撤保隙装置 ―――――――――――― リンガルアーチ
d 可撤保隙装置 ―――――――――――― 可撤保隙装置
e Nanceのホールディングアーチ ――――― バンドループ
f Nanceのホールディングアーチ ――――― リンガルアーチ

解答:表示

 

109C86
4歳の女児。3か月前に外傷により上顎左側乳中切歯が脱落し審美不良を訴え来院した。創傷治癒後の口腔内写真(別冊No.00)を別に示す。

適切な対応はどれか。1つ選べ。
a 経過観察
b ブリッジ装着
c 可撤保隙装置装着
d スペースリゲーナー装着
e Nanceのホールディングアーチ装着

解答:表示

 

109D11
5歳の女児。定期健診時に保隙装置の適合を確認し修正を行った。修正前の口腔内写真(別冊No.00A)と修正後の装置の写真(別冊No.00B)を別に示す。

修正を行った理由はどれか。1つ選べ。
a 審美性の改善
b 着脱性の向上
c 歯石沈着の予防
d 異所萌出の回避
e 成長抑制の防止

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください