【衛生学】基幹統計・一般統計



統計の分類

統計の分類

統計調査は、統計の作成を目的として、個人や会社などに対し事実の報告を求める調査である。

国の行政機関が行う統計調査は、「基幹統計調査」と、 それ以外の「一般統計調査」とに分けられます。

参考となる過去問はこちらから

基幹統計

基幹統計の作成を目的とする統計調査である。

国勢調査

5年ごと静態統計調査。人口数や人口構造などを把握することを目的とし、全数調査で行われる。

10年ごとに大規模調査も行われる。調査項目としては人口、年齢、教育、就業状況がある。

人口動態調査

人口の動きをみることを目的とし、全数調査として行われる。毎月厚生労働省が実施。

調査項目としては出生や死亡、婚姻、離婚、死産がある。

国民生活基礎調査

保健や医療、福祉、所得などの国民生活の基礎的事項を調査することを目的している。

毎年実施されるが、3年ごとに大規模調査がが行われる。厚生労働省が実施。

調査項目としては世帯、健康、介護、所得、貯蓄がある。

患者調査

医療施設を利用する患者について傷病状況を明らかにすることを目的とする調査。

3年ごとに厚生労働省が実施する。

調査項目としては入院・外来の種別、推定患者数、平均在院日数など

学校保健統計調査

学校の児童および幼児の健康状態を把握することを目的とする調査。

学校保健法によって行われる健康診断をもとに集計し文部科学省が実施する。

調査項目としては児童・学生の発育状態など。

医療施設調査

全国の医療施設の分布や数などを把握し基礎資料を得ることを目的とした調査。

医療施設動態調査は毎月、医療施設静態調査は3年ごとに行われ、厚生労働省が実施する。

一般統計

一般統計とは、公的統計のうち基幹統計以外の統計である。

国民健康・栄養調査

健康増進法に基づき、国民の運動状況、栄養素摂取状況などを明らかにし健康の推進をはかる目的で行われる調査。

調査項目としては身体状況、運動状況、栄養摂取状況、生活習慣(食生活、喫煙、睡眠、飲酒、歯の健康など)

歯科疾患実態調査

わが国の歯科保健状況を把握し、今後の歯科保健対策に役立てる基礎資料を得ることを目的とした調査でる。

6年ごとに国民健康・栄養調査と同時に行われる。

調査項目としては齲蝕や歯周病の有病者率や歯の喪失状況など。

医師・歯科医師・薬剤師調査

医師・歯科医師・薬剤師について性、年齢、従事地、などを明らかにし、基礎資料を得ることを目的とする調査。

2年ごとに実施される全数調査で厚生労働省が実施する。

調査項目としては医師・歯科医師・薬剤師の性、年齢、従事先など



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください