ポンティックの連結部(2020年2月3日更新)【クラウン・ブリッジ学】



ポンティックの連結部には、破折や変形を生じないための機械的強度や腐蝕を生じさせない化学的安定性、さらに清浄性を保っための歯間空隙を考慮することが求められる。

ポンティックに加わる咬合力は連結部を経て支台歯に伝えられる。したがって、強固な材質を選択し、さらに清浄性や審美性を阻害しない範囲で断面積の広い連結形態を設計しなければならない。

固定性連結

支台装置とポンティックが一体化しているため強度に優れる。

一塊鋳造法

ブリッジのワックスアップ時に支台装置やポンティック、および連結部を一塊としてそのまま埋没・鋳造する方法。

ブリッジを構成する金属が均ーなため、強度と化学的耐久性に優れている。 しかし、ロングスパンブリッジでは、鋳造後のブリッジの寸法精度に大きな影響を与える。ポンティックと支台装置が3歯程度の場合に限定して応用する。

ろう付け法

ポンティックと支台装置を別々に鋳造し、後にろうを流して連結する方法。

ブリッジの適合精度に優れた方法だが、技工操作が煩雑になる。ポンティックや支台装置に用いる合金より融点の低いろうで結合するため、一塊鋳造法と比較すると強度や耐蝕性が劣る。

半固定性連結

ポンティックの一方は支台装置と固定性連結。もう一方は可動性の連結装置によって結合する方法。支台歯間の平行性が得にくい症例に応用される。

前歯から臼歯部までの多数歯ブリッジでは、前歯部のブリッジと臼歯部のブリッジに分割で製作され、両者の結合部などに応用される。

可撤性連結

ポンティックと支台装置の間に着脱可能な構造を付与するか、支台装置自体に可撤性の構造を付与する連結方法である。技工操作が煩雑で、結合部の強度を保っためには設計には注意を要する。

機能的分類

緩圧性アタッチメント

アタッチメントに咬合力を分散させるための動きを設定したもの。支台歯には咬合力が緩圧されて伝わる。

非緩圧性アタッチメント

支台装置とポンティックが結合した状態で、アタッチメントに動きを許さないもの。ポンティックに加わる咬合力を固定性連結と同様にそのまま伝える。

形態的分類

歯冠内アタッチメント

支台装置の歯冠内に結合部を置くアタッチメント。咬合力が歯軸に近い位置で支台歯に伝達されるため力学的には有利だが、支台歯の削除量が多い。

歯冠外アタッチメント

支台装置の歯冠外に結合部を設置するアタッチメント。咬合力が歯軸からずれているため、支台歯の負担が大きい。また、歯質の削除量は少ない。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください