理工学:機械的性質 〜応力・ひずみ、硬さなど 〜(計14問)【歯科医師国家試験】(2020年9月1日更新)



応力・ひずみ(計7問)

95D70
引張試験を行った5種の歯科用合金の応力─ひずみ曲線を図に示す。

正しいのはどれか。
a A合金は比例限が最も大きい。
b B合金は弾性係数が最も小さい。
c C合金は伸びが最も大きい。
d D合金は耐力が最も小さい。
e E合金は弾性限が最も大きい。

解答:表示

 

97D64
金属線の引張り試験における破断までの応力─ひずみ曲線を図に示す。

加工しやすいのはどれか。
a ア
b イ
c ウ
d エ
e オ

解答:表示

 

98C25
(   )内に入る語句の組合せで正しいのはどれか。
ワイヤークラスプ屈曲で用いる応力は(①)より大きく、(②)より小さい。
a    ①      ②
a 比例限    降伏応力
b 比例限    弾性限
c 弾性限    比例限
d 弾性限    降伏応力
e 降伏応力   最大応力

解答:表示

 

100B97
材料が永久変形を起こし始める目安となるのはどれか。
a 耐 力
b 伸 び
c 弾性係数
d 引張り強さ
e 弾性エネルギー率

解答:表示

 

101A54
弾性係数が最も大きいのはどれか。
a 金合金
b ポリサルフォン
c ポリカーボネート
d アクリリックレジン
e コバルトクロム合金

解答:表示

 

106A84
弾性限が同じ材料の機械的性質で、弾性係数が小さいほど大きくなるのはどれか。1つ選べ。
a 靱 性
b 耐 力
c 伸 び
d 比例限
e 弾性エネルギー

解答:表示

 

112D27
ある歯科材料の引張試験における応力-ひずみ曲線を図に示す。

矢印で示す点の説明として正しいのはどれか。2つ選べ。
a 破断が起こる。
b 変形が始まる。
c 引張強さを示す。
d 塑性変形範囲にある。
e ヤング率の算出に用いる。

解答:表示

硬さ(計5問)

95A29
エナメル質よりも硬度の高い修復材料はどれか。
a アマルガム
b コンポジットレジン
c 金合金
d 金銀パラジウム合金
e 陶 材

解答:表示

 

97A27
硬さが最も大きい材料はどれか。
a 硬質レジン
b 歯科用アマルガム
c コバルトクロム合金
d 金銀パラジウム合金
e タイプ4金合金

解答:表示

 

98D77
硬さ試験で生じた圧痕の形状を図に示す。

用いた圧子で正しいのはどれか。
a 熱処理硬化性を有する。
b 熱伝導性が良好である。
c 結晶構造を有する。
d 加工硬化性が大きい。
e 展延性が大きい。

解答:表示

 

100A32
永久歯のエナメル質よりも硬いのはどれか。
a グラスアイオノマーセメント
b コンポジットレジン
c 陶 材
d 金銀パラジウム合金
e タイプ4金合金

解答:表示

 

110C89
菱形圧痕部の対角線長軸の長さで算出する硬さはどれか。1つ選べ。
a ヌープ
b モース
c ブリネル
d ビッカース
e ロックウェル

解答:表示

引張強さ(計1問)

105A77
引張強さが最も大きいのはどれか。1つ選べ。
a 陶 材
b タイプ3金合金
c 歯科用アマルガム
d コンポジットレジン
e グラスアイオノマーセメント

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください