【歯科医師国家試験】発生・成長発育・高齢者:成長の評価(計7問)



99%が生理的年齢を問う問題です。

進級試験では必ず出題されると思ってもらっていいかと思います。

成長の評価

96A23
生理的年齢の指標はどれか。
(1)Rohrer指数
(2)歯齢
(3)骨年齢
(4)頭指数
(5)オーバーオールレイシオ
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

97A6
生理的年齢の指標はどれか。
(1)骨核数
(2)頭指数
(3)発育指数
(4)トゥースサイズレイシオ
(5)萌出歯数
a (1)、(2)  b (1)、(5)  c (2)、(3)  d (3)、(4)  e (4)、(5)

解答:表示

 

98B2
生理的年齢を表すのはどれか。
(1)歯齢
(2)発育指数
(3)比体重
(4)知能指数
(5)骨核化骨数
a (1)、(2)、(3)  b (1)、(2)、(5)  c (1)、(4)、(5)
d (2)、(3)、(4)  e (3)、(4)、(5)

解答:表示

 

102B61
骨年齢の評価に手根骨が多く用いられる理由はどれか。1つ選べ。
a 触診で評価できる。
b 生活年齢と相関する。
c 運動機能と関連する。
d 栄養状態を反映する。
e 一定の順序で出現する。

解答:表示

 

105C12
乳幼児の体重と身長の釣り合いを評価するのに用いられるのはどれか。1つ選ベ。
a 頭指数
b 発達指数
c Kaup指数
d Rohrer指数
e 身長パーセンタイル

解答:表示

 

106A19
生理的年齢を評価できるのはどれか。1つ選べ。
a BMI
b 咬合力
c 体脂肪量
d 唾液分泌量
e 手根骨の数

解答:表示

 

109C20
手のエックス線写真(別冊No.00)を別に示す。

考えられる年齢はどれか。1つ選べ。
a 6か月
b 1歳
c 3歳
d 6歳
e 9歳

解答:表示



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください